現地報告 6月24日

一本松望遠写真。どうなのでしょうか。

6月24日

昨晩は日本酒だったのですが、爽やかに起きることができました。
しかし、さすがに疲れが溜まっています。動くのがしんどいです。
休みたいな、と思っていながらも軽トラに乗っています。

6時30分
高田松原、一本松に行きます。
昨日、福岡森林組合チームのゲゲジイから炭焼を託されました。
朝には、煙も透明になっているはずということです。
炭焼は煙と温度で判断するらしいのですが、煙が透明になったらOKとのことです。
しかし、白い煙がモクモクと出ています。どうなっているのでしょうか。
タイミング良く、ゲゲジイから電話が入ります。
かなり大きな木を入れたので時間がかかっているのだろうとのこと。

まだ、白い煙が上がっています。

6時40分
村上製材所さんに、昨日積み込んだ、切り株プランターや木ろうそく日本版、等々を降ろしました。
また、昨日切り出した、巨大カヤの木があります。
お風呂にするのですが、立派な物ができそうです。

7時00分
普門寺です。
昨日、ダンプ組合が持ち込んでくれた、大工支援物資を受け取ります。
超仕上げ機1台とスライド丸鋸2台です。
超仕上げ機とスライド丸鋸は金さんに、もう一台のスライド丸鋸は高田町法量のO大工さんに届けます。
また、高齢者用の4輪スクーターもいただきました。
このスクーターは、下矢作のばあちゃんに使ってもらうことにします。

7時20分
村上製材所さんです。
大工の金さんが間借りして大工仕事をしています。
ストラップや通行手形、夕涼み台を作っていますが、家の修理などの本来業務も忙しく、大変そうです。
超仕上げ機とスライド丸鋸を渡します。これで、流木グッズ製造が一気に進むと良いのですが。

スライド丸鋸です。

超仕上げ機

8時00分
横田町コミュニティセンターに行きました。
福井県からのボランティアバスが到着します。
そのバスに、明日のけせん朝市で販売する、ラッキョとコシヒカリせんべいを積んできてもらいました。
福井県派遣のボランティアは、普門寺から横田町コミュニティセンターに拠点を移しています。恥ずかしながら、一度も行ったことがありませんでした。
最近は、災害ボランティアセンターも、福井県の拠点も、行かないです。
嫌だから行かないのではないです。

8時30分
大工の金さんと、鑿の打ち合わせです。
とにかく選んでもらうようにしました。

8時40分
そろそろ炭も良い頃なのではないでしょうか。
高田松原に向かいます。
まだ、白い煙が出ています。まだダメです。

9時00分
ダンプ組合T親分から電話です。
チェーンソーの目立てのためのヤスリを忘れてきたとのこと。
本当なら、自分で買ってこい、というところですが、大船渡のコメリまで走ることにします。

9時20分
大船渡コメリです。
ヤスリとともに、明日のけせん朝市用の備品も購入です。

9時50分
ダンプ組合の方々が作業をしている、高田町法量に向かいます。
田んぼの中の蔵を撤去しています。
今日は大雨です。大変そうです。

10時00分
鈴木旅館内後藤勇一事務所に戻ります。
東京のSさんから、夕涼み台製作支援金が送られてきました。
個人的に、私もパンツをいただきました。ありがとうございます。
夕涼み台は、金さんと、別の大工さんの2人で製作中です。不足している道具を尋ねると、鑿との答え。
新潟県燕市の大工道具屋さんのホームページを探し、鑿のページをプリントアウトします。
しかしながら、鑿高いです。最高で、1本24,000円とか。
プリントアウトした鑿カタログを金さんに届けます。
雨がやんでいたので、京都大文字焼き送り火薪割のFさんから提供していただいた自転車に乗っていきました。

12時00分
お昼です。レトルトご飯に梅干しです。青汁も飲みました。

13時30分
久しぶりに、災害ボランティアセンターです。
ダンプ組合の自動車1台、越前和紙ワークショップの自動車1台の、ボランティア証明書をもらいに行きました。
災害ボランティアセンターでは、後藤が怪我をしたという怪情報が流れていました。
皆さん心配してくれていたのですが、全くのデマです。
なるほど、米崎町館のOさんが、私と電話で話をした内容を勘違いして、怪我をしたと思ったようです。Oさん宅に来たボランティアの皆さんに、福井の後藤が怪我をした、と伝えてくれていました。
明日にでも、包帯巻いて行こうかな。

14時30分
大船渡の合同庁舎です。
災害ボランティアセンターでボランティア証明書と、県への申請書をもらい、その証明書を持って、合同庁舎に行きます。
そこで、災害派遣等従事車輌証明書が発効されます。
面倒くさいです。高速にICがある、一関の合同庁舎が便利なのですが、土日休みなのではと思い、今日申請に行きました。
合同庁舎の職員は、なかなか親切なのですが、発効に30分必要とのこと。
その間に、コメリ、maiyaと買い物に行きます。
本日、大船渡コメリは2回目です。
maiyaで、お菓子と焼酎を購入しました。
焼酎も、体のことを考えて、25°ではなく、20°のものを購入。薄くてもたくさん飲めば一緒なのでしょうが。

15時00分
再び、合同庁舎です。
災害派遣等従事車輌証明書を受け取ります。

15時30分
今度こそ大丈夫だろう、そういう思いで、高田松原に行きます。
まだ、白い煙です。しかし、煙がかなり青っぽくなってきています。もうすぐでしょうか。
それでは、一旦事務所に戻って、ブログ更新をした後に、再度見に来ることにしましょう。

16時00分
鈴木旅館内後藤勇一事務所に戻ります。
明日の、けせん朝市だ販売する梅干しが届いていました。
また、私への応援物資も届いています。Kさん、Tさん、ありがとうございます。
私の部屋の周りは、届けられた荷物の山になっています。
整理しなくてはならないのですが、全くできません。
私の部屋は、非常口の横なので、大急ぎで整理する必要があるのですが、毎日毎日、何か突発的なことが起こり、結局そのままの状態が続いています。
とにかく、整理能力が無いということもありますが、福井県民生協で働いていた時から、基本的に残業はしないという方針を貫いています。
夜は仕事しません。ブログ更新が8時ぐらいになってしまいますが、飲みながらパソコンに向かっています。

17時40分
高田松原です。
煙が青っぽくなっています。もう少しです。
しかし、残業はしたくないので、18時に密封作業をします。

煙が青っぽく、透明になっています。

18時00分
いよいよ後藤勇一炭焼職人の作業開始です。
火をくべる口を泥で固めます。

次に、煙突を外し、煙突の口に栓をします。
そして、ドレンに栓をして終了です。
さあ、どうなるでしょうか。日曜日か月曜日に窯出しです。
ゲゲジイに報告できるか、何もなかったことにするか。
この炭焼釜をどうしょうか、それも悩むところです。一本松の横には置いておけないでしょうね。

コメント