現地報告 6月23日

6月22日
昨日の報告から。

18時20分
村上さん、福岡森林組合Yさん、Kさん、私の4人で、気仙町のカヤの木を見に行きました。
倒木して、流された物です。
気仙大工頭領が、くりぬき、お風呂を作りたいと言っているそうです。
樹齢、約500年ぐらいのカヤの木です。
Yさんの目が輝きます。重機が一台必要です。気仙に入っている業者にお願いすることにしました。

樹齢500年ぐらいの巨大カヤの倒木。

19時00分
一本松の横でバーベキューです。
ホルモン、牛タン、ラム肉等々。
村上さんが、福岡森林組合チームの慰労です。昨日のお詫びもあります。
しばらくすると、赤色灯が近づいてきます。
○○府警の警備です。
これはまずい、立ち退きを要求されるのか。
一緒にどうですか。さすが気合いの入った森林組合チームです。誘います。
○○府警の皆さん。何と、一緒にバーベキューに参加です。いいですね。
気合いの入りきったYさんチームですが、実は、地元でも浮いているそうで、森林組合のアルカイダと呼ばれているそうです。
帰りは、代行です。代行があるんです。
一本松は、瓦礫の集積場の中にあります。代行運転手も、瓦礫の集積場に迎えに行くのは初めてだ、ということです。

○○府警も参加した、一本松横でのバーベキュー。

6月23日

雨の一日です。
気分も最悪です。二日酔いですね。朝から余震で津波警報が出されましたし。
とにかく休みたい朝でした。

7時00分
大きな余震です。津波警報が出されます。
この時間は、すでに福岡森林組合チームは作業している時間です。
電話をします。

7時30分
福岡森林組合チームと村上さんが合流し、気仙のカヤの木に向かったとのこと。
私も気仙町カヤの木に向かいます。

8時00分
カヤの木を切る作業の準備です。
木の切断部分にマーキングしていきます。
今まで見たこともないような、長いチェーンソーです。しかし、これでも2番目に長いものだそうです。
チェーンソーの重さは20キロ、それを使いこなします。
しばし、重機の登場を待ちます。

これが長いチェーンソー。重さ20キロ

9時00分
作業開始です。
とにかくすごいです。
樹齢500年ぐらいの巨大カヤにチェーンソーが入っていきます。
作業中に、私はローソンへ買い物です。休憩中のお茶を買います。

カヤの木にチェーンソーが入っていきます。

10時30分
切断完了です。
カヤの木の中は空洞になっています。
その空洞の中を取り出すのですが、中から、何と、墨坪が出てきました。
もしかすると、江戸時代ぐらいの墨坪かも。すごいです。

カヤの木の中から出てきた墨坪。

巨大ケヤキの前で記念撮影。

11時00分
カヤの木の次は、同じ気仙町の、ケヤキの木です。
今度のケヤキの木は、川の中に浸かっていた埋もれ木です。
ケヤキの埋もれ木が津波であがってきた物です。
この埋もれ木ケヤキを輪切りにして、気仙町けんか七夕の山車の車輪にするそうです。
これもすごい木です。
早速切る準備をします。

埋もれ木ケヤキの切り口。ものすごい価値のある木です。

12時30分
作業完了。
しかし、この埋もれ木ケヤキを運び出す方法がありません。
ここは重機もないですし、ダンプなども入れる場所ではないです。
今日、福井からダンプ組合が入ってきました。
早速、ダンプ組合のT親分に相談です。

13時10分
ダンプ組合のT親分を連れて、埋もれ木ケヤキに案内です。
とにかく、ダンプ、ユニック、重機(小さいの)を持ってきて、やってみようということになりました。一旦戻ります。

14時10分
ダンプ組合登場です。
しかし、巨大すぎて、ダメです。
ダンプが中に入れませんし、ユニック車を使うにしても、道路を封鎖してしまいます。
う~む。あきらめました。

これを、気仙町けんか七夕山車の車輪にします。

14時50分
高田松原に行きました。
福岡森林組合チームが今日帰ります。予定よりも早くなりました。
本当に申し訳ないことをしました。
それでも、最後まで切り株プランターを作ってくれています。
よく働く人たちです。
私も、軽トラダンプに切り株プランターを積み込みます。
このパワーに圧倒されてしまい、私の方が調子悪くなってしまったようです。負けないように気力をためないとダメですね。

最後の最後まで働きます。本当にありがとうございます。

15時10分
高田町法量のNさん宅に行きます。
ダンプ組合が入ることを伝えます。流されてきた家の解体をします。

15時20分
あすなろホームに行きます。
S所長さんにいくつか相談です。
あと、支援物資の到着を知らせます。東京からカラオケセットが届きます。

15時30分
ダンプ組合の方々が高田町法量のNさん宅に到着したとの連絡が入ります。
17時の予定だったのに、早いです。
私もNさん宅に向かいました。

15時40分
ダンプ組合の方々と、小泉公民館に支援物資を届けに行きました。
野菜や、コップ、サンダル、飲料等々。
そして、ダンプ組合が持ってきた、軽トラックも寄贈するとのこと。これまたすごい人たちです。
小泉公民館では、京都大文字焼き送り火用の薪に、亡くなった方の名前を書き入れる作業が行われていました。

ダンプ組合の方々が支援物資を運び込みます。この軽トラも支援物資として置いていきます。

京都大文字焼き送り火用薪に亡くなった方の名前を書き入れています。

16時10分
再び、高田松原です。
福岡森林組合チームが帰る準備です。
しかし、炭焼が完了していません。私が引き継ぎます。
煙が透明になったら、釜を密封し、冷めるまで置いておく。という作業です。
明日は、炭焼職人です。

16時30分
普門寺に行きます。
ダンプ組合の方々がテントを張って宿営です。
住職に挨拶です。手土産がビールとコーヒーとタマゴ。男を感じます。
ダンプ組合には、大工道具を持ってきていただきました。ありがとうございます。

16時40分
村上製材所さんです。
大工の金さんに、届いた大工道具を明日届けることを伝えます。
また、東京のSさんグループから、大工道具支援金が届けられます。
その支援金で購入する大工道具の打ち合わせを行います。

17時00分
鈴木旅館帰宅です。
とても疲れた一日です。さすがに限界を感じています。
しかし、今日夜は、作戦会議があります。
大急ぎでブログ更新です。

コメント