現地報告 6月15日

桃の実も大きくなり始めています。米崎町の桃園で撮影。

6月15日

さわやかな一日でした。
瓦礫撤去でもあまり汗も出ず、最近では比較的安定した日になりました。
私は、3月15日に岩手県に入りました。それから3ヶ月。
最初は、3ヶ月ぐらいかな、と考えていたのですが、当分福井には帰らないです。(わかりませんが)

昨日の報告から。

18時40分
WeAreAllOneチーム登場です。
電気薪割り機を寄贈していただきました。
しかし、現場は電気がありません。発電機を調達する必要があります。
ビールをもらいました。これは私個人に。とても嬉しいです。

電気薪割り機。発電機が欲しいです。

19時15分
下矢作消防詰め所に行きました。遅刻です。
タネっこまくべえプロジェクトの作戦会議です。作戦会議、最初からお酒飲んでます。
とても効率的な会議です。
活動のまとめと、今後の活動予定です。
ヒマワリの切り花を福井で買い取ります。
チーム福岡が中心に音楽イベントを企画しています。
九州大学を中心に、茎の粉砕、堆肥化を企画しています。
そのための調査団がやってきます。
私が、福井から油搾り器を取り寄せ、ヒマワリ油搾りを行います。
私も、陸前高田広報紙に塩害対策ヒマワリプロジェクトを掲載していただき、陸前高田市内の各地区にヒマワリの種を配布したことを報告しました。
その他として、塩トマト栽培の話、高田松原の松を活用する話など、今後の様々な展開が話題になりました。
いわて木の工房会では、高田松原の松を使って、学校の机、椅子を作り、陸前高田の子どもたちに送り届けたい、というプロジェクトもスタートしました。

21時00分
村上さん宅、居酒屋・隠居で作戦会議の続きです。
自治労連のIさんも一緒です。この辺りで記憶があやふやになってきました。
とにかく、全てがこの下矢作から始まった感じがします。
私が鈴木旅館に泊まるようになり、村上さんと出会い、最初の大規模瓦礫撤去も下矢作でスタートしました。
そして、タネっこまくべえプロジェクト、ヒマワリプロジェクト、流木活用のグッズつくり、等々。様々な展開になっています。

ここから6月15日

8時30分
スタートです。少し二日酔いです。
まずは、普門寺に向かいます。
今日は、8時30分を過ぎても、かなりの渋滞です。

8時50分
普門寺到着。
昨日に続き、京都曹洞宗青年会の皆さんと合流です。
今日は瓦礫撤去をお願いしています。

京都曹洞宗青年会の皆さん、今日は瓦礫撤去。

9時10分
米崎町館のOさん宅に行きます。
今日の作業は、Oさんに向かい側の家の片付けです。重機が入れないようなところの石、コンクリート片を片付けていきます。
ミニユンボと軽トラダンプの登場です。
次々に運び出していきます。やはり、どんなに小さくても、重機とダンプの組み合わせは協力です。絶対にボランティア活動にも必要です。
効率よく作業が進みます。

ミニユンボと軽トラダンプの強力チーム。

12時20分
作業終了。
京都曹洞宗青年会の皆さんは、午前中で終了です。帰路につきます。
ありがとうございました。
目標としていた一山は片付きました。

12時50分
村上製材所さんに行きました。
高田松原の松を使った、表札の試作品ができました。
5種類あります。松のいろんな部位を使って作られています。
この表札の横に、高田松原の松使用の表示をする予定です。
この表札は、福井に送り、イベント会場で予約注文を取っていきます。

13時00分
鈴木旅館に戻ります。昼食です。
それと、荷物の整理が必要です。
先週のけせん朝市で買った食品が冷蔵庫に眠っています。消費していかなければ。
昼食後は、とても眠いです。このまま鈴木旅館内後藤事務所で作業をする気にはなりません。
やはり出かけます。

13時40分
市役所です。
まずは、長寿社会課。Sさんはいませんでした。忙しい方です。
介助用品のリストを渡しておいたのですが、要望があったとのことで、要望先リストをいただきました。

13時50分
同じく市役所、次は社会福祉課。
保育担当のKさんと合います。
福井の和紙グループが、和紙で作った折り紙のワークショップを行いたいとのことで、そのつなぎです。
土日でワークショップを行いたいとのことですが、子育て支援センターは土日休みなので、土曜日の午前中ならば、保育所に直接交渉になります。
日曜日ならば、川の駅などの会場を借りて、保育所でチラシを配ることになります。
川の駅は農林課が担当しているとのことで、そこで申し込んで欲しいとのことです。
とにかく、どうするのか決めていただければ、動きます。
京都のUさん経由のTさんや、福井のYさんから、手作りのコップ袋が送られています。以前も、社会福祉課に届けたのですが、必要性をお聞きしました。
ありがたいとのこと。今回も、社会福祉課に届けます。

14時10分
今度は、仮庁舎の農林課です。
京都伝統工芸大学校から届いたFAXを受け取りにいきます。
伝統工芸大学では、高田松原の松を使い、仏像を制作奉納したいという申し入れがありました。
2004年の台風23号で、倒れた天橋立松で、文殊菩薩像を作り、奉納したことがあるそうです。
同じく農林課で、川の駅の利用申し込みに関して聞きました。
農林課は関係なく、直接、川の駅で申し込んで欲しいとのことです。お役所ですね。情報の共有もしていないし、窓口が違いますというつれない返事。委託をしたら後は全く関係ないよという態度は全国共通です。

14時30分
薪作業現場に行きます。
実は、道路に置いてある薪が瓦礫撤去作業の邪魔になっているようです。ダンプが入れないとのこと。
今週は無理ですが、来週早々に薪配送をしてしまいたいです。
今日も、大分から来ている親子が、大文字送り火用薪を作っています。

14時40分
米崎町高畑のOさん宅です。倉庫をお借りしています。
倉庫から、要望のあった介助用品を取り出します。
シャワー椅子、歩行器、押し車、スロープです。

15時00分
松原苑居宅介護支援事業所に行きます。
歩行器を渡しました。スロープの要望があったのですが、不足しています。
次に支援が来た時に渡す約束をしました。
やはり仮設住宅対応のようです。仮設住宅のスロープ設置が遅れています。

15時20分
高寿園ディサービスセンターに行きました。
押し車を渡しました。高寿園は本館、別館、支援センターと入口が別れ、なおかつ避難所にもなっていますので、迷いに迷ってしまいました。

15時40分
中和野にある、ケアプラン大町に行きます。
地図にも出ていませんし、この辺りはあまりこないので、全く場所がわかりません。
電話をかけ、これまた迷いに迷ってたどり着きました。
しかし、看板も出ていません。流されてしまい、仮施設なのでしょうか。
シャワー椅子と、スロープを渡しました。
しかし、欲しいのはシャワー椅子ではなく、車いすとのこと。車いすが流されてしまったとのことです。いまだに、その様な状態とは。
了解しました。すぐに持ってきますと約束します。
といっても、私は車いすの在庫を持っていません。しかし、車いすがあるところは知っています。こっそりと持ち出す計画です。

16時00分
こっそりと持ち出した車いすを、ケアプラン大町に届けました。
今度、再訪問して、話を聞きたいです。支援が必要そうです。

16時10分
帰る途中で道を聞かれました。
お兄さんの遺体が見つかった場所に行きたいのですが、場所がわからないということです。細川商会さんでも聞いたのですが。
しかし、地図を見てもよくわかりません。残念です。申し訳ないです。

16時20分
鈴木旅館に戻ります。
送られてきた荷物の整理です。
Mさんから、囲碁セットやトランプなど。
Sさんからは、囲碁セット、作業ズボン、蚊取り線香など。
Tさんからは、石けん、サッカーボール、コップ袋、柴漬け各種など。
Yさんからは、お菓子類、コップ袋など。
Yさんからウチワが届いています。
ありがとうございました!
細々としたお菓子、雑貨類は、鈴木旅館さんで、被災者の方、地域の方にお渡しします。
囲碁セットやウチワは、縁台と一緒に仮設住宅に届けます。
蚊取り線香、柴漬けは避難所に届けたいです。
サッカーボールは小学校に届けたいです。
それと、差し入れも多々いただきます。
神奈川のSさんもさヒマワリの種と差し入れを置いていってくれました。
荷物が届いてもお礼もできていませんし、メールの返信もできていません。
申し訳ないです。お許しを。
何度も書きますが、物を整理したり、名簿管理したり、返信したり、といったような事務系仕事の能力は持ち合わせていません。きっぱり断言します。

荷物の整理中です。これだけでもダメです。
本当に整理能力ゼロです。

18時00分
ブログ更新です。
大船渡の鹿児島屋さんがきました。今朝とれた鱒の切り身を差し入れてくれました。
次に、北海道アルバイト情報誌のIさん登場。ウチワとコピー用紙を置いていきました。
ありがとうございました!

コメント