現地報告 6月7日

連日、遺体捜索が行われています。最近は警視庁が多いです。自衛隊はあまり見ないですね。

天気が続いていますが、高田町の中心部は、湖状態です。
用水路処理を急ぎたいのですが、時間が。

瓦礫処理が進んでいるのですが、中心部は集められて瓦礫の山があちこちにできています。最終処分までは、まだまだです。

6月7日

今日も、夏のような天気。
しかし、陸前高田では、朝はコタツに入ります。昼は夏です。考えられないですが、私も朝はコタツに入ります。
とにかく、忙しい日でした。電話が多いのが大変です。最近はメモを取る癖がついていますので、大丈夫ですが。

5時00分
久々にさわやかな朝。
体中痛くて、寝返りがうてない状態ですが、よく寝ました。
朝から、久々にパソコンの設定をします。がんばっぺしグッズの販売サイトを構築するのですが、wordpressのプラグインを色々試しますが、あまりピンと来ません。
結局、無料のレンタルショッピングカートを利用することにします。
今日夜か明日の朝に継続作業です。

8時00分
徒歩で村上さん宅へ。
ヒマワリの種に同封されていた義援金を届けます。本当にありがたいです。
以前にいただいた分は、陸前高田市に届けましたが、その後の分は、今後の写真作成等に使わせていただくことにします。

8時30分
福井市のリライムから届けられた支援物資を積んでスタートです。
支援物資は、ジャージ、ナップサック、エプロン等です。保育士さんに利用していただきます。
また、言語聴覚士のMさんとIさんは、今日、川の駅で開催される「子ども何とか」に出て帰るということです。ありがとうございました。

9時00分
陸前高田市役所に行きます。
グッドタイミングで、社会福祉課の保育担当のKさんと遭遇します。
Kさんは、相談会に向かうところですが、福井から届けられた荷物を、Kさんの軽自動車に詰め込みます。引き渡し完了です。

9時30分
伊東文具さんに行きました。
鈴木旅館さんが追加発注した、がんばっぺしグッズを取りに行きます。
がんばっぺしグッズも売れ行き順調ですが、伊東さん、若干頭の中が混乱しているそうです。とても頑張っています。応援します。

9時50分
高田町のNさん宅に行きました。
Nさん宅といっても、流されてしまいましたので、自宅跡です。
明日、福井県議会の皆さんが、陸前高田に視察に来るということで、Nさんに当時のことを語っていただきます。その打ち合わせです。
Nさんの娘さんも、アルバイトが決まり、週に何日間か、大船渡に通っているそうです。
よかったです。

10時10分
米崎町で荷物を置かせていただいているOさん宅にブルーシートを取りに行きます。
その足で、薪プロジェクト現場に行きました。
今日は、富山の大沼さんと、大船渡市の鹿児島屋さんが作業をしています。
そこに、テレビ岩手の取材が来ていました。薪プロジェクト、注目されています。
今日もテレビカメラの前でしゃべってしまいました。
大沼さんも取材され、薪を割っているところの撮影でした。
まだ、かなりの流木が海からあがってきているそうですし、港に堆積しているそうです。

今日の大沼さん。テレビ岩手の取材を受けています。

11時00分
米崎町のOさん宅に行きました。
しかし、いません。早朝行くと約束したのですが、かなり遅刻です。
ごめんなさいで移動です。

11時30分
ヒマワリ種配達です。
高田町のSさん宅です。Sさん宅は、かなり広大な敷地(田畑、山林)で、相当の瓦礫の山になってしまいました。
連日、ボランティアが大勢は入り片付けましたが、それでもまだ大変な状態です。
自宅跡を片付けています。ヒマワリの種を渡しました。

12時00分
広田町大野地区です。
Kさん宅で作業をしている、自治労連のIさんと合流です。
昨日、依頼を受けた、東岸寺の法面の片付けを依頼します。
現場で、作業内容を伝え、引き継ぎします。かなり危険な作業ですが、自治労連さんお願いします。
私も手伝いたいです。

12時20分
ヒマワリの種の配達です。
小友町のSさん宅です。広田町にいる時に電話をもらいました。
瓦礫撤去した後の、3反の田んぼに蒔きたいとのことです。
この田んぼは、先週まで、遠野まごころネット、京都災害ボランティア支援センターが作業をしていた場所です。

12時40分
あすなろホームです。
弁当持参です。といっても、私の弁当は、チキンラーメンとパンです。お湯をもらいます。
勝山市から、イサダフレークの注文をもらいました。
勝山市にFAXで、イサダフレークの商品説明を送ってもらいます。

13時50分
横田町の地域振興株式会社に行きました。
目的は、ヒマワリ種配達ですが、偶然にも、この地域振興株式会社は、第3セクター会社なのですが、陸前高田の物産販売のための会社です。
勝山市のイベントも、この会社を窓口にして商品手配をしたようです。
私も、今後の福井市で開催予定の、けせん朝市inふくいの商品手配をお願いできないか、考えていたところでした。
S課長と話しました。
まだ、商品がないとのこと、また、農産品に関しては、産直グループが動き出すので、そことつなげるとのこと、等々。
福井の方も、今後の事業企画を早急に固めて、具体的な話に入りたいです。
これで、陸前高田地域振興株式会社、農林水産部とつながりましたので、秋展開予定のけせん朝市in福井の足がかりになりそうです。
ヒマワリ希望者は、広田町から通っているSさんです。
広田町では、昨日の自主防災会議で、ヒマワリ種が配布されています。
8月の広田半島は、ヒマワリで飾られます。

14時30分
災害ボランティアセンターに寄ります。
Yさんはいませんでしたが、電話で話をしました。仮設住宅のスロープの件です。
市の建設課が窓口となり、岩手県が設置してくれる制度があることを説明、しかし、設置までにどの程度の日数が必要か、現時点ではわからないこと、しかし、その間は、私の方で、簡易スロープを用意しているので、貸し出すからつないで欲しいということをお願いしました。
簡易スロープですが、東京社会福祉士会の小林さんがつないでくれました。
被災地しょうがい者センターみやぎ、という団体から送ってきます。依頼したその日に発送してくれたそうで、気合いの入った団体です。

15時10分
米崎小学校の仮設住宅に行きます。
スロープを要望しているKさん宅を訪問。岩手県が設置すること、設置するまでの間は、簡易スロープを貸し出しすることを説明しました。

16時00分
米崎町のOさん宅に行きます。
Oさんにもヒマワリの種を渡します。
後は、しばし話をします。
Oさんの奥さんはダウンとのこと。疲れが溜まっています。
まだ避難所生活ですが、体育館はかなり暑くなっているようです。体調を崩す方が出てきているのではないでしょうか。
冒頭にも書きましたが、朝はコタツに入るぐらいの気温ですし、日中は夏です。体調も崩します。

18時00分
鈴木旅館帰宅です。
とにかく電話が多いです。
ヒマワリ種プロジェクトと薪プロジェクトです。
ヒマワリ種は25カ所に届けました。まだ、問い合わせがあります。
地域の人に呼びかけてくれている方もあります。広田町、小友町で広がりを見せています。8月が楽しみです。

コメント