現地報告 6月2日

越前焼を仮設住宅の方々に配り始めました。

泰陶房の服部さんです。

6月2日

今日は、雨、曇り、雨という天気。はっきりしません。梅雨入りでしょうか。
最近は、なかなかメール返信ができません。忙しいのですが、いろいろと手を出し過ぎといった感じです。特に二日酔いの日が辛いです。自業自得ですが。
とにかく、申し訳なく思います。

5時00分
ブログ更新作業です。
頭が回っていませんが、ブログ更新、情報提供は使命です。頑張ります。

7時40分
ブログ更新も終了して、行動開始です。
普門寺に向かいます。
今日から、薪プロジェクト、越前焼プロジェクトもスタートします。

8時10分
普門寺到着。
越前焼窯元の服部さんと合流です。
服部さんにお任せしたかったのですが、大きな車は不安ということで、運転手をすることにします。
服部さんは、県内の窯元に支援を呼びかけ、仮設住宅にあわせて越前焼を配布するためにやってきました。
水道が復旧していない状態では、どうしても紙皿、紙コップでの食事になります。ようやく水道も復旧し始め、仮設住宅への引っ越しも進み始めました。
家財道具や食器も無い方がほとんどで、今回は、良いタイミングの配布になります。

8時50分
鈴木旅館で、Nさんと待ち合わせです。
Nさんは、私のブログを見て連絡してきてくれた方で、ボランティアニーズの調査に来ています。
今日は、越前焼配布を手伝っていただけます。
Nさんと合流し、そのまま新矢作小学校の仮設住宅に行きます。

9時10分
新矢作小学校グラウンドの仮設住宅に到着です。
ここは、最終的に39世帯が入ります。今日の、越前焼配布について、世話役のOさんと打ち合わせです。
一軒一軒配布しようと思っていたのですが、家族数も違いますし、好みも違いますので、仮設住宅の真ん中に並べて、皆さんに来ていただき、持って帰っていただきます。

9時30分
高田第一中学に行きます。
仮設住宅の世話役のKさんが留守です。明日来ることにしました。
高田一中では、高齢者だけを集めた教室があります。一つの教室をデイサービスにしているようです。そこで、ボラセンで顔見知りになった方がいましたので、しばし話を。
今日は、仮設住宅の抽選日だそうです。応募した皆さんの携帯電話に、結果が知らされているそうです。
残念な人もいます。当選した方も喜べません。

10時00分
米崎町のOさん宅倉庫に置いてある、越前焼を取りに行きました。
服部さんが選び出し、次々と自動車に積んでいきます。福井から来たリフト車です。
今回持ち込んだ陶器は約2000点。その中から様々な種類の物を選びます。
個人的に欲しかった、ビアマグは無かったです。ぜひ、次にお願いします。

10時40分
新矢作小学校グラウンド仮設住宅に行きました。
仮設住宅の真ん中にブルーシートを広げ、次々に越前焼が入ったコンテナを並べていきます。
全て降ろした後、服部さんとNさんを残して、立ち去りました。

11時00分
今日から、薪割り作業が始まりました。
富山のNさん、北海道のHさん、そして、滝沢村のD’style橋本さんです。
ガンガンと流木を切り、薪割り機で薪にしていきます。
橋本さんと打ち合わせ。今後の課題として、全国配送に向けた流通関係、日常的な薪割りボランティアの確保、広報関係。日曜日に再度打ち合わせをします。
現実に、薪割り作業が始まりますと、本気度が違ってきます。
大船渡の鹿児島屋さんも動き始めています。今日は、小友町で流木回収です。

薪割り作業の開始です。

30センチに着られた流木を次々と薪にしていきます。

これが薪割り機です。富山のNさんが持ち込みました。
気合いが入っています。

11時20分
遠野まごころネットが入っている、米崎町地竹沢のYさん宅に行きます。
今日も瓦礫を集積場に搬出する作業をしています。
ミニユンボの鍵を渡し、お願いします。今日は、ユンボ操作のオペレーターもボランティアで来ています。まごころネットさんは心強いです。

11時50分
越前焼を1コンテナ、降ろすのを忘れていたため、新矢作小学校グラウンド仮設住宅に届けます。
かなり盛況の様子です。

12時00分
再度、鈴木旅館です。
今日も、全国からヒマワリの種が送られてきています。
ありがとうございます。おおよそ100人ぐらいの方から送られてきました。
鈴木旅館さんが、送り先の名簿作りをしてくれています。明日は、パソコンで入力作業もお願いしてしまいます。何から何までお世話になりっぱなしです。

12時20分
あすなろホームで昼食です。
今日は、カップ麺。食後に、新規開発商品の桃プリンをいただきました。
あすなろホームの皆さんも、4日のタネっこプロジェクトに参加してくれます。

13時20分
伊東文具さんに行きます。
がんばっぺしグッズの追加注文です。鈴木旅館さん販売分です。次々と完売してしまします。タオルは入荷待ちです。
明日には、福井注文分も入荷します。
私もホームページで販売する予定ですが、なかなか作業ができません。もうしばらくお待ちください。

14時00分
米崎町地竹沢のYさん宅です。
ミニユンボの稼働状況を見に行きます。動いています。
しかし、集積場が遠いこともあり、重機とダンプ、その運転関係者だけで作業が進み、人海戦術的なボランティアは必要ないです。
明日から、どの様な体制で作業をしていくか、遠野まごころネットの隊長のTさんと打ち合わせしました。結論出ず、考えましょうとのこと。

福井から持ち込んだミニユンボです。
遠野まごころネットさんのオペレーターが操作しています。

15時00分
仕入れた、がんばっぺしグッズを鈴木旅館に届けます。
ヒマワリの種だけではなく、苗も来ています。うれしい悲鳴です。
今日の、陸前高田市広報紙に、タネっこプロジェクトの紹介と、ヒマワリの種を希望の方にお渡しします、という案内が掲載されました。
今日は、3件の種希望の電話が入りました。明日届けます。
ヒマワリで、塩害対策、そして陸前高田を明るくしていきましょう。

15時30分
新矢作小学校グラウンド仮設住宅で山陽テレビさんと会います。
山陽テレビさんは、陸前高田市で頑張っている方を紹介するために取材しています。
しかし、陸前高田市のほとんどの皆さんは頑張っています。マスコミに載ることで、プラスになればいいのですが、逆になる場合もあるでしょうから、あまり変に個人を持ち上げるような報道はして欲しくないです。
越前焼配布は16時終了予定なのですが、まだ片付けに入る雰囲気ではないので、また後ほど来ることにします。

16時00分
陸前高田市仮庁舎の建設課に行きます。
小友地区の流木回収の報告と、流木に関して建設業者への説明を依頼しました。
ミニユンボによる作業開始も報告しました。さりげなく、ダンプないですか?と聞いたのですが、やはり無かったです。
作業をしている、Yさんの畑は、周囲が用水路のため、車が入れません。ダンプが入れるならば、重機との組み合わせで作業が進むのですが。
2トンダンプと、用水路の上に乗せる鉄板が欲しいです。
これも、さりげなく、流木を回収してもらっている鹿児島屋さんに聞いてみました。

17時10分
新矢作小学校グラウンド仮設住宅での、越前焼配布会終了です。
最後には、配布したばかりの越前焼コーヒーカップで、コーヒーを出してくれました。ありがとうございます。
陶器を通して交流ができました。
明日は、夜に高田一中ですが、日中に、別の仮設住宅に飛び込みで配布会をしたいです。

18時00分
鈴木旅館に帰宅です。

コメント