現地報告 9月8日

9月8日

午前中は曇り空、午後は晴天でした。
忙しい一日、黙々と作業をこなす一日でした。
身体は相変わらずで、脇腹が痛いです。お腹に力を入れていれば、案外大丈夫なのですが。
街中を走っている車が変わってきています。
以前は、ダンプ、復興支援関係、自衛隊、警察等でしたが、今は、資源回収、建設関係、資材運送、県外ナンバーも多いです。
鈴木旅館も、8月まではボランティア関係でしたが、今は、建設関係の方が多いようです。
隣の部屋からもパイプの経が・・・といった話が聞こえてきます。
福井では、今日から、JICAの事業ですが「アフリカ農業研修事業」がスタートします。
毎年、私も主催者側として参加していたのですが、今年は完全にお任せです。申し訳ないです。
2週間の研修ですので、一日だけ参加させていただきます。

8時00分
今日も高田町法量でバックホーでの作業からスタートです。
Nさん宅横の農道を塞いでいる石を取り除いていきます。
石にワイヤーをかけて、バックホーでつるし上げます。
結構、うまくいきます。
8個の石を取り除きました。
バックホーのキャタピラが泥だらけで、道路を汚してしまいましたので、竹箒で掃除をします。
そうしているうちに、遠野まごころネットさんと、ワタミさん関連ボランティアバスが到着です。

崩れた石垣の石を取り除く作業です。出来るものです。

9時40分
今日は、遠野まごころネットさんが、約70人、ワタミさんグループが約30人です。
今日も小泉地区は賑わっています。
遠野まごころネットさんグループには、東京大学チームも入っています。
東大というと、おっ、と思ってしまうところが情けないです。
今日もB区長さん、張り切っています。
嬉しいことに、10日の土曜日に、遠野まごころネットさんに、東京から重機持ち込みチームが参加するそうです。
バックホー2台、高圧洗浄器3台、ユニック1台ということです。
詰まった側溝の泥も押し出せそうです。
一気に、法量の側溝が片付きそうです。
できれば、一日だけではなく、9月一杯ぐらいいて欲しいですが。

ワタミさん関連ボランティアグループです。田んぼの細かい瓦礫撤去です。

遠野まごころネットさんです。今日も用水路の泥出しです。

11時30分
米崎町舘のOさん宅に行きます。
今日も、遠野まごころネットさんが入ってくれています。
今日は10人ぐらいで作業、明日ぐらいで片付くのではということです。

米崎町舘のOさん宅です。遠野まごころネットさんにお願いしています。

11時50分
maiyaに行きます。
昼食購入と、カロリーが低い糖質0ビール(発泡酒)を購入しました。
飲まなければ良いのですが、瓦礫撤去後はダメですね。

12時10分
鈴木旅館に戻ります。
昼食です。

13時00分
SAVE TAKATAの事務所に行きます。
8月に事務所がオープンしていましたが、訪問するのは初めてです。
看板出ていないので、通り過ごしました。
SAVE TAKATA事務所で、情報交換です。
高田松の状況、立枯れ杉の有効活用等について、情報交換しました。

13時50分
再び、高田町法量で作業継続です。
農道の瓦礫撤去を、一人で黙々と進めます。
作業途中に、支援している気仙大工のFさんと遭遇です。
気仙大工の状況について、支援道具について意見交換です。

15時00分
ボランティアの皆さんが帰っていきます。
区長のBさんも去っていきました。
一人作業継続です。

15時30分
近くで作業をしている地元の方に話しかけます。
側溝について話をしていましたが、要望をお聞きしました。
かなり石が転がっているので、石を埋める穴を開けて欲しいという要望と、畑にしている所の表土を除去して欲しいということです。
表土は、高田松原の砂が流れ込み、畑の上に層を作っています。
大した作業量ではないですので、明日、一気にやってしまいたいです。
石を埋める穴は、直ぐにでもできます。

16時00分
ということで、要望のあった石を埋めるための穴を、バックホーであけました。
バックホー本来の使い方ですね。

16時40分
鈴木旅館に帰宅です。
木曜日ともなると、選挙戦も熱が入ってきます。
選挙カーの声も大きくなってきています。
被災後の選挙ということもあり、自粛ムード感じましたが、徐々に雰囲気が出てきています。
選挙カーの叫びを聴きながらブログ更新です。

コメント