現地報告 6月11日

高田松原の流木で作りました。
試作品のストラップ、キーホルダー各種。

6月11日

村上さん宅から帰ってきました。
ストラップの試作品ができたとの連絡で、打ち合わせ、そのまま飲み会になってしまいました。
村上さんが作っていたストラップ、福井経由で発注したストラップ、様々な形で高田松原流木が生かされそうです。
毎日のように、流木を使った企画が持ち込まれてきます。動いています。

7時00分
村上さん宅に行きます。
福井から送られてくる、超仕上げ機とスライス丸鋸の仕様書を持って行きました。
これで、流木グッズの様々な可能性が高まってきます。

7時30分
鈴木旅館で、荷物の積み込みです。
今日は、けせん朝市に、福井県コーナーを設置します。
販売品を積み込むのですが、雨です。軽トラの荷台には積めません。助手席に全て詰め込みました。外が見えません。なれていますが。

7時50分
災害ボランティアセンターに行きます。
福井から来たKさんに会いに行きました。Kさんは、チーム福井に参加するべく、いろいろと努力しましたが、残念ながら、結局は個人参加で陸前高田に入ってきました。
気合いの入った方です。
今日は雨ですので、Kさんには、何もなければ、けせん朝市に協力していただけたらとお願いしました。

8時30分
けせん朝市会場に到着。
すでに、協力をお願いした、三国町のHさんは既に来ていました。
商品を運び込み、並べていきます。
販売商品は次の通りです。
・三里浜特産農協 らっきょ
・若狭町特産 福井梅干し
・アジチファーム コシヒカリクッキー
・丸岡の障害者施設 コシヒカリせんべい
基本的には、仕入れ価格に10%をのせて販売します。その10%分は、けせん朝市の運営協力費とします。

9時00分
普門寺に、福井県ののぼりを取りに行きます。

9時20分
再び、けせん朝市の会場です。
災害ボランティアセンターでお願いしたKさんが来てくれました。ありがとうございました!
コシヒカリ発祥の地、福井、などのポスターを作ってもらいます。

10時00分
薪プロジェクトで、東京のお寺さんから大口の注文をいただいています。指定の運送屋さんから、薪を入れるコンテナが届きました。
普門寺で受け取ります。

10時40分
届いたコンテナを、、薪プロジェクトの現場に持ち込みます。
薪プロジェクト、今日は、富山の大沼さん、北上市の音石さん、大船渡市の伊藤さんの三人で頑張っています。
かなりの薪を作っていただいています。
大沼さんは、今日が最後です。ありがとうございました!
しかし、明日から薪プロジェクトの現場作業はどうなるのでしょうか、心配です。
私がするしかないですが。
買ってくれる方の問い合わせは増えていますが、作業の方はどうなのでしょうか。

このコンテナに薪を詰め込んでいきます。

薪の山ができています。
大沼さん最後の日です。今日は、大沼さん、音石さん、伊藤さんの3人で作業しています。

11時50分
三度、けせん朝市の会場に戻ります。
昼食です。豚焼き肉丼をいただきました。400円です。
なかなか売れないですね。
全体的に客が少ないのもありますが、福井の商品が理解されないのもあると思います。
ラッキョや梅干しなど、福井県人としては愛着のある物は、少し高くても買いますよね。その良さを伝えるには時間がかかります。頑張ります。
しかし、福井の物品を売ることが目的ではなく、福井と陸前高田を強くつなげてくため手段です。当面は赤字でもOKです。しかし、赤字分の埋め合わせは自己負担ですが。

けせん朝市の福井コーナーです。
鯖江市のKさんにお手伝いをお願いしました。
福井が陸前高田に、より、なじみ深くなります。

13時00分
本日の、けせん朝市終了です。
明日も頑張ります。明日もKさんが手伝ってくれます。福井から個人でボランティアに入ってきている気合いの入った方です。売り子でお手伝い願うのは申し訳ないですが、よろしくお願いします。
在庫を計算し、売り上げを計算します。
私は、大昔、生協につとめていたのですが、その時のことを思い出します。
あの時分は、売れても売れなくても、仕事としてやっていましたが、今は、自己責任自己負担です。
何しろ、仕入れた金額に10%上乗せした価格設定をしていますが(普通は35%ぐらい上乗せしているのでは)その10%分は、全て運営協力費として拠出します。
自己責任こそ基本です。

14時00分
米崎町に新たにできる、農産物直売所に行きます。
20日にオープンします。その直売所にテナントとしてはいるSさんに会いに行きます。
Sさんは、けせん朝市で知り合った方です。
福井の商品をお店に並べたいという申し入れがあり、お会いしに行きました。
全く商売にはなりませんが、農産物直売所につながりができることがうれしいです。次につながります。
この農産物直売所は、JAなのの組織が運営するのではなく、全く個人が経営するとのことです。ぜひ協力していきたいです。

米崎町に農産物直売所ができます。

農産物直売所内のSさんの売り場です。
ここに、福井の商品も置いていただきます。

14時40分
米崎町のKさんの田んぼに行きます。
ミニユンボの練習をしました。田んぼの中の土をならしたり、瓦礫の撤去をしました。
実の楽しいです。
ユンボを使う人は皆さんが言います。大人のおもちゃです。
最初は戸惑いますが、30分もするとなれてきます。夢中になります。
コンクリートの塊を取り上げることに集中し、達成感はすごいです。

16時30分
途中休憩を挟んで、ユンボの練習を続けます。
本当に時間を忘れます。
埼玉県在中、下矢作出身のMさんと合流します。
Mさんは気合いの入った方です。瓦礫撤去のボランティア活動のために、重機の講習も受けてしまいました。
Mさんも練習に参加です。なかなか慎重派です。ガクッ、てのがないです。私が運転すると、ガクッガクッと連続ですが。

実に楽しいです。

17時30分
Mさん宅で夕食をご馳走になりました。ごちそうさまでした。
Mさんは、震災後、陸前高田に戻るか悩んでいます。地元には仕事がないからです。
色んな形で、色んな方が悩んでいます。
私は、本当の苦悩には達していないので、良いアドバイスができないです。申し訳ないです。

20時00分
村上さん宅に行きます。新しいストラップの試作品ができたとのことです。
なかなか良いです。
当然のことながら作戦会議になりました。
山城運輸さんも来ています。
山城運輸さんから、支援物資のボランティアの要請を受けていましたので報告しました。
遠野まごころネットさんにお願いすることにしました。
チーム福井にお願いしたのですが、活動場所が大船渡市ということで、拒否されました。チーム福井は、陸前高田市災害対策本部と連携してボランティア活動をしているそうです。そのために、他市には行くことができないそうです。
県庁の方針で動くのですから仕方がないですが。縦割りのすごい組織です。
同じ拠点で活動している、自治労連さんにお願いをしましたが、忙しいのでごめんなさいとのこと。
やはり、動員力もあり、最後まで責任を持って活動していただける、遠野まごころネットが頼りになります。

22時30分
帰宅です。
玄関先に、蚊取り線香がありました。
季節を感じます。
しかし、未だにコタツをしています。


レトロな蚊取り線香が登場です。

コメント