現地報告 5月31日

米崎町Kさんの田んぼで田植えが行われました。
山陽テレビが追いかけます。

送られてきた田んぼ用長靴を履きます。
私は基本的に形から入るタイプですが、この長靴は優れもので。
履けば履くほど、足にフィットします。脱ぎたくなくなります。

5月31日

昨日とうって変わって、今日は快晴です。しかし、寒い。
昨夜は遅かったのですが、4時には目が覚めました。寒くて、こたつに入りました。

4時00分
昨夜からのPC接続の続きです。
ネットワークがつながらなくても、キャノンのサイトからドライバソフトをダウンロードすればOKということに気がつきませんでした。
無事ダウンロードし、両方のPCからネットワークで印刷できるようになりました。
しかし、ファイルが共有化できないのが不便です。ぼちぼち頑張ります。

7時00分
久しぶりに7時出発です。
下矢作、おなじみの村上製材所さんです。
まずは、お茶っこ飲むべえ、ということで上がり込みます。
普門寺で粘土団子作りをしている報告です。
大工の金さんのところにも顔を出します。夕涼み縁台も9個できています。相変わらずの職人技で作っています。
しかし、村上さんは次の企画を考えています。高田松原流木のストラップです。
すでに手配済みと行ったところ。製材して、細かく切り、避難所の皆さんに協力を求め、紐を通していきます。
とにかく忙しいです。ということで、福井県の三国から1ヶ月の長期で陸前高田に来られている、Hさんに金さんの助手をお願いすることにしました。
さっそく、Hさんに連絡します。

8時00分
普門寺着です。
Hさんに、大工の金さんの助手を依頼します。
昨夜作っていただいた粘土団子を持参して、村上製材所さん宅に向かいます。
Hさんを金さんに引き合わせます。

9時00分
米崎町のKさんの田んぼに行きます。
今日は田植え予定日です。雨で伸びていました。やっています。
手で押すタイプの、かなり古い田植機、早苗です。今日も山陽テレビの取材が入っています。長期的に追っかけて取材をしているようです。
昨日届いた、田植え用の長靴に、さっそく足を通します。
私も田植機を操作しました。性格は真っ直ぐなのですが、機械は曲がっていきます。
初体験ですので、しかたがないと言い聞かせています。
直ぐに選手交代。

11時00分
伊東文具さんに行きます。
鈴木旅館で販売するための、がんばっぺしグッズの追加注文です。
鈴木旅館さんに宿営している、自治労連さんの方々が買ってくれます。鈴木旅館の仕入担当です。
なんと、TシャツにSサイズが新規追加されていました。
Tシャツと、タオルを追加で仕入れました。

11時30分
鈴木旅館に戻ります。
仕入れた、がんばっぺしグッズを渡します。

12時00分
あすなろホームに行きます。昼食です。
ご飯とふりかけ、味噌汁、ポテトサラダです。今日も炭水化物中心でした。美味しかったです。
しかし、ショックなことが。明日から、ホームで用意する昼食は無くなります。皆さん、弁当持参になります。日常を取り戻すことで、非常に前進ですが、私はショック。
明日から、私も弁当を持参して、あすなろホームに行きます。毎日、何を持って行こうか悩みますが、一緒に食べられるだけで良いです。

13時30分
高田一中の仮設住宅に行きます。
仮設住宅の代表宅を訪れ、越前焼を配りたいのだが、どの様な形が望ましいか、相談しました。
高田一中の仮設住宅は、一番最初にできました。150戸の予定ですが、まだ36戸しかできていません。
避難所の併設ですし、避難所にはまだ400人以上が生活をしていますので、仮設住宅への対応は慎重にする必要があると感じています。
代表宅で、話をしました。
6月10日までは、毎日、仮設住宅に対する物資提供が続いているので、その時に一緒に配布する。
戸別訪問して配布する。
予め、チラシを配布し、希望を聞いた後に届けるようにする。
このような方法を考えましたが、あまり考えすぎても仕方ないです。すでに、ニトリが食器とかを配っているようですし。
仮設住宅では、アドバイザーになった、ワタミ社長が来ていました。住民と何か話をし、それをマスコミが取材していました。

14時00分
広田地区を回ります。
昨日は荒れた天気でしたので、十分に回れませんでした。
自治労連さん、今日も頑張っています。田んぼはダメですね。水が溜まっています。

14時40分
陸前高田市仮庁舎の農政課に行きます。
タネっこ植えるプロジェクトのチラシを渡し、全国から送られてきている、ヒマワリの種を希望地区に配布するので、広報紙に掲載して欲しいという依頼です。
収穫作物ではないので、農政課が窓口では掲載できないので、直接に企画政策課に行って欲しいという回答。企画政策課の方に連絡を取ってくれました。

15時00分
新仮庁舎の2階、企画政策課に行きました。
話は通っていました。チラシを渡し、用件を伝え、お願いしました。
私が窓口で、希望の方にヒマワリの種を届けます。
塩害対策&陸前高田を明るくするプロジェクトです。

15時30分
小泉会館にN区長さんを訪ねます。いました。娘さんにも久々に会えました。相変わらず働いています。
チラシを渡し、ぜひ、この地区でもヒマワリの種を蒔きませんかという案内です。
今日にでも、地区の皆さんに声をかけてくれます。
集約するとかは大変でしょうから、ヒマワリの種を届けてしまいます。田んぼだけでなく、色んなところに蒔いていただければと思います。
N区長さんは、ゴーヤ普及に力を入れていたそうです。仮設住宅はかなり暑いから、ゴーヤで緑のカーテンを作りたいと言っています。今からでも間に合います。
了解、ゴーヤを福井から持ってきましょう。と約束してしまいました。

16時00分
地竹沢のS区長さん宅に行きます。
同じく、タネっこプロジェクトのチラシを渡します。
地区の総会が11日にあるとのこと、予めヒマワリの種を届けておきますので、総会時に配布していただくことにしました。
S区長さんは、高田松原保存会の代表でもあります。

16時30分
再び、下矢作の村上さん宅です。
陸前高田市の広報で、イベントとヒマワリ種の案内をお願いしたことの報告です。
村上さん宅に行くと、玄関前に大量のトウモロコシ種が届いていました。
また、粘土も大量に届いています。粘土団子を作らないと。
自治労連さんにお願いしようと決めました。
6月4日、5日のイベントには、チーム福岡が全力を挙げてくれています。
福岡の朝倉市の市長が参加するとのことです。気合いが入っています。

村上さん宅に送られてきたトウモロコシの種。

これも送られてきた粘土団子用の粘土。

16時50分
下矢作小学校グラウンドの仮設住宅に行きます。
同じく、越前焼配布の相談です。
下矢作小学校は、避難所になっていないので、仮設住宅だけがあります。
その点が、高田一中等の併設とは違います。
越前焼配布の相談をしたところ、今日夜に、仮設住宅住民の集まりがあるので、配布方法を相談してくれることになりました。
皆さん、茶碗など何もかもなくなり、本当に助かる、ありがたいと言っています。
今回の越前焼配布は、調査的なこともあるので、高田一中と下矢作小学校の2カ所の仮設住宅で行うことにしました。

下矢作小学校グラウンドの仮設住宅。
越前焼を配ります。

下矢作小学校グラウンドの仮設住宅です。
ここの仮設住宅に最初の夕涼み縁台を届けます。

17時10分
鈴木旅館に帰宅です。
自治労連さんに、粘土団子作りの依頼をしました。明日か明後日にボランティアを派遣してもらいます。
私宛に、沢山のヒマワリ等の種が送られてきていました。本当にありがたいです。
電話番号が記載されている方にはお礼の電話をしました。
感謝です。

今日一日で、16人の方からヒマワリ等の種が送られていました。
ありがとうございます。

17時40分
6月より、私のホームページでも、がんばっぺしグッズを紹介、販売します。
そのための写真撮影です。写真のセンスもないですし、撮影環境が整っていないので、とてもネット販売のような写真は撮れませんが、ぜひ、協力をお願いします。
明日には、一本松クリアファイルも入荷します。
しばらくすると、高田松原流木ストラップも村上製材所で作成します。
陸前高田復興支援グッズも次々に登場します。

コメント