現地報告 3月9日

3月9日

2時半に陸前高田に戻ってきて、4時半に起きてしまいました。
今日こそは早く寝ようと誓ったのですが、ダメでした。

6時50分
竹駒町の事務所に行きます。
とても眠いです。
ブログ更新し、依頼されていた名刺作りをします。

8時00分
けせん朝市に行きます。
名刺の試作品をみせて打合せです。
朝市専門印刷屋さんになっています。
青山さんからパンのアベルの追加、ミニファームさんからもラベル追加を頼まれます。

9時00分
事務所に戻ります。
名刺とラベル作成です。
今回新たにめぐみ工房さんが参加しています。
その看板も作ります。

11時00分
朝市に戻ります。
今日は販売無し、各お店の皆さんと話をします。
福井、和歌山報告です。

12時30分
朝市では、皆さんいろんな食べ物を持ってきて、賑やかにお茶っこになります。
お握り、煮物、漬け物、その他いろいろ。
お腹がいっぱいになります。

13時30分
理容室ポパイに行きます。
久しぶりの散髪。
いろいろと話をします。

14時10分
広田町大野公民館に行きます。
四国中央市から柚子の苗木が贈呈されます。
その引き渡しです。
すでに大野地区の方が10人ほど集まっています。
しばし話をします。

20130309_143349

大野公民館で柚子の話し合い。地元の皆さんもいろんな事に熱心に取り組みます。

14時30分
四国中央市の皆さん登場。
ボランティアと追悼式のお手伝いできています。
新人職員研修の一環でもあるそうです。
今回は苗木10本が届きました。
広田町は昔から漁業の街です。そのために、一攫千金的な感覚があり、農業のような息の長いことは見向きもされませんでした。
しかし、漁業関係者も高齢で、津波被害もあり廃業する方が多いです。
また、津波被害にあった土地も使わないでそのままの状態になっています。
これからは、椿や柚子など、温暖な気候を活用した栽培が少しずつですが広がっていくと良いのですが。
今回の柚子の窓口は大野地区ですが、広田半島営農組合女性部が中心で進めてくれそうで、広がっていけば嬉しいですね。

20130309_143608

2年生の苗木10品です。来月もまた10本届く予定。

16時00分
事務所に戻ります。
仮設商店のIさんも営業開始しています。
そのための看板を作成します。

17時00分
鈴木旅館に戻ります。
ほぼ徹夜状態ですので、早めに寝たいです。

18時00分
浜松の風来坊、Hさんが登場です。
寝られそうにないです。
陸前高田と人生を語り合いました。

 

コメント