現地報告 9月9日

9月9日

今朝はかなり遅く起きました。
よく寝ましたが、寝過ぎて怠くなっただけではなく、長く夢を見続け、それもあまり良い夢ではなく精神的にも疲れた朝になってしまいました。

7時40分
けせん朝市に行きます。
朝から、復興大福のラベル作りです。

8時20分
けせん朝市で販売しているラッキョウの在庫無しです。
うっかりしていました。
鈴木旅館に戻ります。

8時40分
再びけせん朝市に戻ってきました。
ラッキョウを渡します。
ちょうど、パルコープの皆さんがバス2台で買い物に来てくれました。
皆さん買い物で被災地を支えてくれるという意識が高く、いろいろと買ってくれます。
復興大福が直ぐに売り切れてしまいました。

今日もパルコープの皆さんが買い物ツアーに来てくれました。

9時30分
今日は、高田民謡愛好会の民謡と踊りのショーがあります。
その準備です。
テントを張り、畳をとりだし、ステージ作りです。

9時50分
鈴木旅館に戻ります。
昨日いただいた支援物資を鈴木旅館ロビーに並べました。
ありがとうございました。

10時10分
大船渡のケーズデンキに行きます。
PCのキーボードが故障です。
「W」がとれてしまいました。
購入です。鈴木旅館から電話があり、故障した客室冷蔵庫ので購入して欲しいという依頼が。
広告の品が在庫切り、仙台から取り寄せるとのこと。
配達してくれるように手配しました。

11時00分
竹駒町の事務所に戻ります。
キーボードを入れ替えました。
けせん朝市では、高田民謡愛好会の民謡ショーが行われています。
相変わらず、民謡は人気イベント。
仮設住宅からも多くの方が来てくれています。

高田民謡愛好会の民謡ショーが行われました。

11時40分
陸前高田市災害ボランティアセンターに行きます。
下矢作たねっこまくべえ会の依頼です。
ヒマワリの刈り取りと種取へのボランティア派遣を依頼しました。

12時20分
竹駒町の事務所に戻ります。
けせん朝市は、民謡ショーも終わり、静かになっています。
女性陣は会食中です。

13時00分
けせん朝市終了です。
片付けの手伝いをします。
この夏は暑かったこともあり、地元の方、けせん朝市の最大の顧客である高齢者層はあまり買い物に出て来ませんでした。
どの仮設商店でも同様とのことです。
けせん朝市も、ボランティアや観光客に支えられています。
観光客対等と、地元客確保に両面でしっかりとした策をたてないとダメですね。
朝市は、高齢商店が高齢者相手にしている業態です。この点をしっかりと考えなければ。

13時40分
昨日に続き、一本松駐車場で出張販売を行いました。
昨日土曜日は、バスで来る団体客が多かったですが、日曜日は個人観光客が中心です。
しかし、売れます。
高田松ストラップと、がんばっぺしグッズを中心に、一本松見学の記念になるような商品販売ですが、ほぼ1時間で完売状態です。
仕入れと売り上げに関しては私はタッチしていませんが、ざっと計算しても、1時間で10万円分ぐらいは売れているのではないでしょうか。
朝市終了後の1時間営業ですので、朝から夕方まで店を出すと、かなりの売り上げになると思います。
途中にある陸前高田物産センターは、残念ながら車があまり止まっていません。
一本松にあれだけ人が来るのですから、実にもったいないです。
観光といった視点に立った導線ができていないのは仕方がないですが、それでも案内不足と、商売っ気のなさはどうなのでしょうか。

多くの観光客が一本松最後の姿を見に来ています。

出張販売の準備中です。がんばっぺしグッズ、高田松ストラップを並べます。

多くの方が記念に買い求めてくれます。

15時00分
竹駒町の事務所に戻ってきます。
ブログ更新です。
この後は、しばらく休憩します。
夜は四国中央市の皆さんとの意見交換会。

 

コメント