現地報告 11月4日

住田町の山、赤いです。

気仙川に遡上していている鮭です。孵化させるためです。施設が復旧したのでしょうか。

11月4日

昨日は久々に働いたこともあり、よく寝ました。
10時間近く寝ることが癖になってしまっています。
今日も晴天です。
思い切って今日は遠出をして書籍購入に行きます。

7時40分
鈴木旅館内で、大阪のTさんと遭遇です。
Tさんは、4月、ゴールデンウイーク以前に一緒に活動した方です。
瓦礫処理が本格化し始めた時で、家の解体や流木の撤去を行っていた時期です。
様々な道具を持って来た方で、気合いの入った方です。
明日、ぜひ仕事をしたいという要望です。
う~む。悩みます。

9時50分
紫波町矢巾温泉にある古書店、イーハトーブの森に行きます。
いろいろと物色。
岩手の先人、歴史を見直す東北からの視点、東北学へ、紀行を旅するの4冊を購入です。
岩手弁発音辞典を発見。うっ、と思いましたが7000円、あきらめました。
この古書店は、コーヒーを出してくれます。
ユックリと店主と話をしました。
何故か人生を語ってくれました。

13時00分
帰路途中の、農産物直売所で昼食。
岩手の農産物直売所は規模は小さいものが多いですが、魅力的なものがたくさん売っています。

14時50分
高田町法量のNさん宅です。
Nさん宅は、家の修繕をする予定ですが、まだほとんど手付かずです。
家の周りの水につかった壁もまだそのままの状態です。
大工さんも仕事に追われていてまだまだのようです。
Nさんは、バス集会施設で集まりをしていました。
呼び出してもらい、打ち合わせです。
以前に伐採した木がそのままの状態で転がっているのを始末する、大工のOさんと相談しながら修理、解体を手伝うことにします。

15時20分
気仙町の積み木の家を見に行きます。
ほぼ完成状態のようです。
明日にでも尋ねてみたいです。

15時40分
鈴木旅館に戻ります。
購入した本を読みます。
宛名書きや、ヒマワリ種乾燥、商品追加手配、等々、作業が溜まっています。
先送りです。

コメント