現地報告 10月5日

今日の一本松。

10月5日

曇り空。しかし、暖かい日になりました。
今日は、何かとせわしい一日です。

8時00分
今日は、佐賀県から来ている、Mさんと一緒です。
Mさんは、チーム福岡の紹介の方で、今日から鈴木旅館泊でボランティア活動に参加します。
村上さん宅に行きます。
Mさんの活動について打ち合わせです。

8時20分
まずは、私の用件を片付けながら、陸前高田の案内をします。
災害ボランティアセンター、小友町、広田町、米崎町を回ります。
広田町の東岸寺は、明治の三陸津波と、今回の津波の高さが目で比較できる場所です。

9時30分
米崎町館のOさん宅です。
災害ボランティアセンターに、畑の瓦礫撤去を依頼してあります。
今日から入ってくれています。
作業内容を説明し、後はお願いしました。

10時00分
あすなろホームに行きます。
あすなろホームでは、ドーナツ等の移動販売用の軽自動車について話をします。
Sさんは、グループホーム作りで、てんてこ舞いです。
軽自動車の申請に関してのお手伝いをしたいです。

10時30分
道の駅に行きます。
ここは街中を一望できます。間単に説明。
次に、一本松に行きます。
今でも一本松の周辺にはヒマワリが咲いています。

一本松の根本のヒマワリ。何種類もヒマワリの種をまいたのでしょうか、かなり長い期間にわたりヒマワリがみられました。

11時00分
産直ふれあい市に行きます。
福井で行われるイベントで、リンゴ「さんさ」を希望しています。
その調査です。
「さんさ」は既に終了しているとのこと。「つがる」も終わりがけで柔らかくなるとのこと。ちょうどリンゴも端境期のようです。
「昂林」という品種のリンゴを勧められました。
早生のフジと同じ仲間のようです。
しかし、若干高めですね。

11時20分
神田葡萄園です。
私が案内するコースには必ず入っています。
マスカットサイダー美味しいです。
暖かい葡萄液をごちそうになりました。

11時50分
ファミリーマートで買い物の付き合いです。
maiya滝の里店の前ですが、この周辺には、仮設商店街、ホームセンター、ドラッグストア、それと、仮設図書館も建設予定です。
また、郵便局も建設中です。
この周辺と、市役所周辺の鳴石と、2極化し始めています。

12時00分
昼食です。トーストです。
メールチェックし、福井でのイベントの発注書を受け取りました。

13時20分
午後の部スタートです。
Mさんも一緒です。

13時50分
陸前高田市地域振興株式会社に行きます。
イベント商品の発注です。
今週金曜日までに揃えていただきます。
Mさんは、近くの横田小仮設住宅に行っています。

14時30分
再びあすなろホームです。
ここでもイベント用商品の発注です。
金曜日に受け取りに行きます。
T理事長さん、職員の皆さんとしばし歓談。
がんずき、カマ餅、鍋焼き、おはぎ、方言について、等々、いろいろと教えていただきました。

15時10分
米崎町高畑のリンゴ農家Oさん宅です。
リンゴについての相談です。
しかしこの時期は、早生と中手の端境期。
もう少しすると、千秋、ジョナゴールド、早生フジなどが出てくるのですが、来週以降とのこと。
残念です。
前回もお世話になった、同じくOさんは「昂林」をたくさん作っているとのこと。
Oさんの農園に行くことにします。

15時30分
Oさん宅です。
一緒に「昂林」の畑に行きます。
真っ赤なリンゴがたわわに実っています。
何とかお願いしました。
前にも書きましたが、陸前高田のリンゴ農家は、小規模農家ばかりです。
そのために、同じ品種のリンゴを大量に生産している方はいません。
特に、早生や中手のリンゴは生産量が少なく、同じ種類のリンゴの木を2~3本とか、多くても10本とか、その程度だと言います。
11月以降の「フジ」になれば安定した出荷ができるのでしょうが。
その場でリンゴをもがせていただきました。味見です。

16時00分
米崎町糠塚沢の側溝を見に行きます。
まだ水が引かない状態です。
入れないです。近くにいた田んぼの地主、Sさんとしばし話をします。

17時00分
世田米のコメリに、懐中電灯を買いに行きます。
早く、陸前高田にホームセンターができないかな、楽しみです。

コメント