地蔵盆

◆7月25日、普門寺さんにて地蔵盆が行われました。
今年で3回目の開催です。
この地蔵盆は、長野の善光寺さんが親子地蔵を作成した2013年から始まっています。
親子地蔵は善光寺さんが、お子さんを亡くされたお母さんが手を合わせるためのものとして発案され、東京芸術大学藪内先生の研究室が制作したものです。材料は高田松原の被災松が使われています。
お母さん地蔵と子ども地蔵2体が陸前高田市米崎町の普門寺に安置され、お父さん地蔵は長野の善光寺さんに安置されています。
普門寺で行われる地蔵盆にお父さん地蔵が善光寺から里帰りするというストーリーになっています。7月25日、長野の善光寺さんの皆さんがお父さん地蔵とやってきました。

◆私はまたまたかき氷担当。
昨日の竹駒保育園は電動カキ氷機でしたが、今日は手動カキ氷機。
それもかなり古い機械ですので、とてもとても疲れます。
地蔵盆は普門寺さんが主催で、多くの檀家の皆さんが手伝いに来ています。今年は提灯を新たに作り、檀家さんが奉納したために、昨年以上のたくさんの檀家さんの姿がありました。
ということで、子どもも多い。
カキ氷もフル回転です。
かなり疲れました。

◆善光寺さんとの付き合いは震災後からですが、米崎町堂ノ前の避難所に信州そばの炊き出しの皆さんが来たところから、まわりまわってご縁が始まりました。善光寺さんのお札を被災松で作成、その後、親子地蔵の建立、地蔵盆の開催、回向院での出開帳と続き、両国にぎわい祭への毎年の参加、善光寺びんずる市への参加と続いています。
ご支援とつながりに感謝です。

◆平日はあすなろホームとふるさと納税。土日は一本松での活動。それにかき氷づくりなどのイベントが入ってきます。暑いですしかなり堪えます。
夏の活動はこれからが本番。

IMG00119_R

IMG00122_R IMG00123_R

コメント