土日の一本松

一本松には今でも多くの方が来てくれます。
最近では、ベルトコンベアが稼働し始めたこともあり、建設関係の視察を兼ねた旅行が増えているような感じです。

ベルトコンベアが稼働し、削り出した土を運び出しています。
その土が何に使われているのかは見ていてもまだわからないのですが、超大型重機が作業をしている様子は迫力があります。

お昼休み中の、超大型重機オペレーターの方と話をしました。
何でも、写真のショベルカーは、世界で2番目に大きなものだそうです。
また、遠くてはっきりとは見えないですが、気仙町の高台で動いているバックフォーは、世界で一番大きいそうです。
近くで見ると、それは巨大なものらしいです。
こうした超大型重機は、ダム建設などが数多く行われていた時期には日本でも活躍していたらしいですが、最近では日本で活躍する現場は少ないとのこと。
巨大な機械が重機が、これだけたくさん見られるのは、おそらく一生のうちでもないはずとのことです。
そのために、今回使用されている超大型重機は、どれも新車とのこと。被災地での活動が終了したら、多くは中東など海外の工事現場に売却されていくとのことです。

DSCN0164_R

土砂仮置き場で作業をしている超大型重機です。迫力があります。タイヤの大きさは約2メートル。

DSCN0162_R気仙町の山を削っている超大型重機。世界で一番大きなバックフォーとのこと。

こうした超大型重機は見る機会がめったにないですので、ダム建設現場などでは一般の方を対象にした見学会や試乗会などが行われることもあったそうです。
陸前高田の方を対象にした試乗会が企画できないものでしょうか。夏休みも近いですし。

6月21日には、福井の皆さんが来てくれました。
最初のころに、普門寺で一緒に活動していた方のグループ。そして、私の昔の職場、福井県民生協のボランティアツアーの皆さん。
とても懐かしかったです。
6月28日にも、チーム福井のボランティアツアーが来ます。リンゴ園の草刈りと仮設住宅での訪問、傾聴活動です。

 

コメント