陸前高田 後始末の日々

文字の拡大




丸メガネをかけています
福井県鯖江市辻岡眼鏡さん
以前のブログ記事はこちらです。
       ↓
2011年3月~2016年2月
3 | 2017/4 | 5
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

5の付く日はけせん朝市です。
私がお手伝いしていたころは、土日開催でしたが、震災前と同じく5の付く日の開催に切り替わりました。
朝市に出店している方は高齢の方が中心ですし、お客さんも高齢の方が多いです。
魚、乾物、野菜、花が最低1店は出店していますので、昔からのなじみのお客さんにとっては必要な存在になっていますが、それでも毎年さみしくなってきています。



魚力さんの店では、新物のシラス、ホヤが出始めています。
春を感じます。





朝市に行くと、皆さんからいろいろともらってしまいます。
感謝です。
 
カテゴリー:
リンゴ園の選定作業をしました。
米崎町地竹沢の剪定チームに依頼しました。リンゴの木の剪定は非常に重要な作業なのですが、知識と経験が必要です。
多くのリンゴ農家は自分で剪定せずに、依頼している方も多いです。
ですので、当然私にはできません。私は剪定された枝を集めるだけ。



陸前高田市のリンゴ園は100ぐらいあるのですが、後継者がいるリンゴ園は非常に少ないです。
また震災後は、多くのリンゴの木が伐採され、その跡に宅地や事業所が建設されました。
厳しい状態です。
私がお手伝いしているリンゴ園も管理をする方がいないリンゴ園で、昨年1年間放置されていたリンゴ園です。
そのため、かなり手を加える必要があります。バサバサと枝を落としていきます。



小規模リンゴ園で、リンゴは60本ぐらい、その他、スモモ、モモ、プルーンなどが植えてあります。
それらすべて剪定をしていただきました。



明日以降は、剪定した枝を集める作業、肥料、農薬散布と続きます。
自信はないですが、できるところまで頑張っていきたいです。
カテゴリー:
冬の間は少し鬱状態で、やる気が停滞していました。普通に生活いましたが、外へ向かっての情報発信は全くできなかったです。やる気なしでした。
ようやく春になり、暖かくなり、鬱状態からも少しずつ脱却、半年ぶりに一本松茶屋で販売にやってきました。相変わらず被災松ストラップです。



久しぶりの一本松茶屋は大きく景色が変わっていました。
土砂を運ぶベルトコンベアがなくなり、駐車場から一本松がよく見えるようになりました。
また、高さ12.5メートルの防潮堤も姿を現しています。


 
暖かくなり、一本松見学に来られる方も多くなってきました。駐車場は車でいっぱいです。先週の土曜日は(横を通っただけですが)バスでいっぱいでしたが、今日は乗用車でいっぱいです。
3月11日後ということもあり、注目されている時期ですが、多くの方が来てくれるのは本当にありがたいです。
陸前高田に来るのは初めての方、何回も来られている方、様々です。被災松ストラップを毎年買ってくれ、今年で5個目という方もいました。これもありがたいです。



被災松ストラップは2時で終了。場所を変えて、別な作業に。
現在、基本的な活動は、あすなろホームの送迎とふるさと納税の仕事ですが、その他いろいろといろんなことに手を出しています。
最近は、鹿。
陸前高田市も鹿被害が多いですが、マタギのかたも多く、かなりたくさんの鹿が撃たれています。
しかしながら、鹿の消費は少ないために、撃たれた鹿のほとんどが山の中に捨てられた状態です。
全国的にも、イノシシやクマ、シカを生かしていこうといった動きが盛んですが、陸前高田はまだまだです。
私は、とりあえず鹿角の加工、鹿皮のなめしを始めました。これもどうなることか。
下の写真は、鹿角を加工して作った笛です。



明日は、リンゴの選定作業です。リンゴ園が動き出します。これもどうなることか。
春になり、やる気が少しずつ出てきていますが、一気にあれこれと動き始めてしまいました。

 
カテゴリー: