後藤 勇一Blog
6年ぶりに福井に戻ってきました。
さて、何をしましょうか。

あぁ 福井 牛歩の日々

文字の拡大
以前のブログ記事はこちらです。
       ↓
2011年3月~2016年2月




丸メガネをかけています
福井県鯖江市辻岡眼鏡さん
5 | 2017/6 | 7
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

久しぶりに一本松茶屋に行ってみました。
村上製材所からあずかているストラップがまだ残っています。
そして、防災ぬぐいの在庫もまだあるので販売したいです。

西日本は大雪ですが、陸前高田は全く雪がなく、土曜日は太陽が顔を出す暖かい日になりました。(それでも寒いですが)
しかし、まだ2月ですし、一本松観光の方は少ないです。
それと、震災から6年もたっていますので、当初とは客層も変わってきています。
いまさら支援グッズではない感じです。これは良いことなのでしょうが。

久しぶりに来ましたが、ガンバローラーメンさんも、つるやカフェさんもメニューが増えていました。
これも良い事ですね。





天気はいいですが、風が冷たく、早々に引き上げます。
仮設の班長をしていますので、共益費の集金に回ります。
カテゴリー:
龍谷大学の皆さんが高田一中仮設住宅に来ました。
どんこ汁、手巻き寿司で交流会です。
学生の皆さんは2年生で、高田が始めての方ばかり。
大学2年生は、東日本大震災発生時は中学生だったとのこと。
被災地はだいぶ変わりましたが、ゼミの皆さんが引き継ぎながら被災地を訪問して交流をしていくことは大切ですね。

広田町の方から早採りワカメをいただいたので、学生さんたちに食べていただきました。
お湯に入れた瞬間にワカメの色が変わるのを見て、皆さん驚いています。初めての方は驚きますよね。



カテゴリー:
久しぶりのブログ書き込みです。
3月末でもって陸前高田での活動を終え、福井に戻る決心をしました。

一番の大きな要因は、親の高齢です。高齢に伴ういろんな問題が出てきています。
私が福井に戻ったとしても何もできないのですが、安心させることができればということぐらいです。

陸前高田での最後の活動は、障がい者施設あすなろホームでの利用者送迎と、一般社団法人ドリームプロジェクトでのふるさと納税業務とリンゴ園管理でした。陸前高田にとっては大切な仕事だったと思っています。
とにかく福井を6年間も離れていましたので、福井がどのような状況なのか、福井に戻って何ができるのか、全くわかりません。
とても不安ですが、なるようにしかならないです。

3月末までの1ヶ月ちょっと、陸前高田では後始末の日々が続きます。
6年間生活しましたので、いろんなものがたまっています。
陸前高田での後始末の日々を記録しておきたいと考え、重い腰を上げてブログ更新をしていきたいと思っています。


 
カテゴリー:

兵庫県立洲本実業高校の電気科3年生4名がつくった、「太陽光・風力ハイブリッド街路灯」を一中仮設集会場前に設置しました。
陸前高田に街路灯をという話があったのは3年程前だったのですが、ようやく実現しました。
電気科の皆さん、ありがとうございました。





また、東京女子美術大学の皆さんが書いてくれたパネルを、一中仮設駐車場のフェンスに取り付ける作業を行いました。
なかなかの大作です。
仮設の方々は、公営住宅が完成するごとに減っていっています。
しかし、このように仮設住宅のことを忘れずに支援してくださる方に感謝です。








 
カテゴリー:
6月27日、福井あじさいロータリークラブの皆さんが陸前高田に来てくれました。
今年で3年目です。
毎年、陸前高田の保育園に絵本を贈呈してくれています。
また、絵本を贈呈した保育園を訪れ、園児たちに絵本の読み聞かせをしてくれています。
今年の対象保育園は米崎保育園です。



一応、三年間で事業終了ということもあり、戸羽市長を訪問し事業報告をしました。
その後、保育園に移動し、絵本贈呈式と絵本の読み聞かせを行いました。







 
カテゴリー: