下矢作納涼のつどい

◆8月1日、下矢作コミセンにて納涼のつどいが行われました。
私も参加。
鳥取県から銀鱗グループの皆さんが18回目の炊出しに来てくれています。
炊出しといっても、豪華な内容です。
カレイのから揚げ、マグロの刺身、うざく、和牛のしゃぶしゃぶ、うな重、そしてデザート付です。

◆、年に4回ほどの交流会なのですが、元々は、下矢作コミセンに避難してきた皆さんの再開と激励のための交流会でした。今回も避難所を運営していた下矢作の皆さん、避難していた皆さん(主に気仙町の方が多いです)が対象です。
しかし、避難所から仮設住宅に移り、そして仮設住宅から自宅再建、災害公営住宅といった流れの中で徐々に参加者は少なくなってきています。

◆46年ぶりに復活する下矢作の灯篭七夕の太鼓演奏、地元女性会の皆さんの踊り、唄、最後にはおなじみの高田音頭と続きます。私は途中退席で、地竹沢のチームふくい交流会に向かいます。

IMG00134_R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)