善光寺にて東日本大震災追悼法要

◆5月11日、午後2時30分より、御開帳が行われている善光寺さんにて、「東日本大震災追悼法要が行われました。
陸前高田市より10名が参加です。3年前、善光寺さんの発案で高田松原の被災松で親子地蔵が制作されたのですが、その時に制作にかかわったグループの皆さんです。

◆天台宗と浄土宗の住職の皆さんが、善光寺本堂内々陣で読経、震災発生時刻の午後2時46分には鐘が鳴らされ、御開帳で訪れていた多くの参拝客も一緒に黙とうを行いました。

◆この法要に合わせて、いつもは地蔵堂に入っているお父さん地蔵も本堂にお出ましでした。お父さん地蔵も日焼けをして良い色に変化しています。
ちなみに、陸前高田の普門寺に安置されているお地蔵さんは、お母さん地蔵と子ども地蔵2体です。お父さん地蔵が善光寺さんにいます。

◆これで、4月~5月の予定されていた活動はすべて終了です。
とても疲れました。
善光寺さんに感謝し、陸前高田に戻りました。

DSC_0008_R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)