陸前高田の様子

陸前高田の工事の様子です。

DSCN0345_R

気仙町の山を削っています。三分の一は無くなりました。削った土砂が希望の架け橋を通って高田町まで運ばれています。DSCN0340_R

ベルトコンベア。月から土まで、10時間ぐらい稼働しています。1日にダンプ4000台分の土砂が運ばれています。DSCN0351_R

高田町では盛土工事が進んでいます。ベルトコンベアで仮置き場まで運ばれた土を、高台造成現場まで運ばれます。DSCN0348_R

海抜12mの高さに造成されます。DSCN0353_R

すでに生活が始まっている、災害公営住宅です。まだここしか完成していませんが、各地で建設中です。DSCN0356_R

仮設市役所前に、陸前高田消防署が完成しました。現在引越し中です。被災後から今まで、給食センターに消防本部が設置されていました。DSCN0357_R消防署横に建設中の、コミュニティホールです。たしかシンガポールの財団の寄付で建設だったと思います。DSCN0355_R新しい高田高校です。火葬場と高田高校グラウンド仮設住宅の間に建設中です。27年2月完成ですので、卒業式から稼働なのでしょうか。

11月

かなり過ぎましたが、11月になりました。
グンと冷え込んでいます。
岩手県全体で、かなりの場所で氷点下が観測されています。
陸前高田市でも、自動車の窓ガラスが凍り始めています。
タイヤ交換も考える時期ですね。
私は、11月後半に福井に戻る用事がありますので、それまでにタイヤ交換したいです。
磐越自動車道路は冬場は怖いですから。

20141105_060710_R

自動車の窓ガラス。20141105_060732_R

鈴木旅館の煙も白くくっきりとしています。20141105_094755_R  年賀状の季節になりました。鈴木旅館でも販売開始。

ということで、陸前高田に来られる方は、冬支度を考えてください。