現地報告 9月30日

9月30日

どうも風邪がすっきりしません。
寒いので、朝は駄目です。これからが不安ですね。

9時00分
小泉公民館に行きます。
B区長さん、Nさんと、明日のイベントの打ち合わせです。
餅つきや、子ども対象の行事になるようです。

9時20分
依頼した現場を見て回ります。
既に、米崎町館のOさん宅横の瓦礫撤去、糠塚沢の瓦礫撤去、側溝泥出しにと、ボランティアが作業開始していました。
ありがとうございました。

9時50分
米崎町堂の前、Kさんの田んぼです。
Kさんは稲刈りの準備をしています。
私も協力します。
Kさんのお母さんに、刈り取った稲を藁でくくるやり方を学びます。
なかなかできないものです。

稲刈りです。田んぼの向こうにはまだ瓦礫が残されています。

10時30分
残念ながら雨がひどくなってきました。
中断します。明日に延期になりました。

11時00分
鈴木旅館に戻ります。
事務所で仕事です。
ザンビア農業調査について、福井市議会志成会の陸前高田視察について日程案を作成します。

12時00分
昼食です。トーストです。

13時30分
遠野まごころネットさんが作業をしている、上長部の現場を見に行きます。
かなりの人数で作業をしています。

14時10分
チーム福岡が活動している、下矢作の田んぼに行きます。
バックホーが活躍しています。

15時00分
鈴木旅館に戻ります。
今まで、ずっとほったらかしにしておいた、チェーンソーの目立てをします。
そして、PCの設定をします。
その後はブログ更新です。
今夜は、下矢作コミュニティセンターで、チーム福岡の皆さんと交流会です。

現地報告 9月29日

9月29日

風邪良くならないです。何となくですが。

7時50分
K工業さんに行きます。
やはり事務所が開いていないのですが、隣が社長さん宅でした。
奥さんに鉄板のことを伝えて、置き場所の確認をしていただきました。

8時30分
鈴木旅館に戻ります。
旅館のパソコンの設定を行います。

9時20分
災害ボランティアセンターに依頼した現場に出かけます。
それと、鉄板を預かっていている家が、ボランティア派遣の隣の家でした。
米崎町糠塚沢のKさん宅です。
既にボランティアが入ってくれています。
Kさんに、今日からボランティアが入ることを報告し、鉄板の場所も確認しました。
ありました。

9時50分
米崎町館のOさん宅です。
ここもボランティアが到着しています。
Oさんに電話をして、作業内容を確認です。
お願いしました。

10時10分
米崎町堂の前のKさんの田んぼです。
明日、稲刈りをするとのこと。私が田植えを手伝った田んぼです。
稲刈りもお手伝いします。
コーヒーをいただき、しばし話をします。

10時30分
散髪に行きます。
同じく、堂の前で仮設散髪屋を営業している、理容ポパイです。
前にも行きました。2回目です。
今回はプレハブで営業で、水も通っています。
しかし、椅子がリクライニングではないので、顔剃りはまだ無しです。
いろいろと話をしました。

11時30分
鈴木旅館に戻ります。
しばし、お茶っ子です。

13時20分
発電機を使いたいという依頼があり届けました。

13時40分
糠塚沢の現場に行きます。
状況確認です。

14時00分
館の現場に行きます。
状況確認です。

14時20分
久しぶりに市内の状況調査です。
広田町、小友町を見て回ります。
ようやく矢の浦でも瓦礫撤去が始まっています。

15時30分
鈴木旅館に戻ります。
どうも調子悪いです。
ブログ更新して休みます。

現地報告 9月28日

米崎町堂の前のKさんの田んぼ。一枚は稲刈りが終了していました。

9月28日

良い天気が続きます。
朝方はとても寒くて、朝になると風邪がぶり返している感じです。
朝は調子悪いです。寒いのは嫌ですね。
こちらは、そろそろコタツの準備に入るみたいです。

8時10分
村上さん宅に行きます。
ヤルキキャンプから、バックホーが届けられているのを確認しました。
九州チームに使っていただきます。

8時40分
作業所キラリに来ました。
東京社会福祉士会の用事で来ましたが、目的のOさんは留守です。
東京出張とのことです。
資料を置いてきました。

9時00分
高田町の薪割り現場に行きます。
ここは今月末で整地して、地主さんにお返しします。
私は、置いてあった、発電機と電動薪割り機を回収に来ました。

9時30分
米崎町地竹沢のYさん宅に行きます。
久しぶりです。
遠野まごころネットさんに瓦礫の撤去をお願いしたお宅で、瓦礫撤去後に、ヒマワリとトマトを植えました。
Yさん宅の瓦礫撤去の時に、用水路の上に鉄板をひいたのですが、その鉄板の回収のために伺いました。
しかし、鉄板は、地竹沢で瓦礫撤去をしていたK鉄工さんが貸して欲しいと持って行っているとのことです。

9時40分
K鉄工さんに行きましたが、留守です。現場に行っているのでしょう。

10時00分
陸前高田市災害ボランティアセンターのスタッフと営農センターで待ち合わせです。
ボランティアセンターに依頼した、現場の作業打ち合わせです。
まずは、地竹沢の会長Sさんの依頼場所に案内。
次に、その横のKさんの田んぼの瓦礫撤去と、側溝の泥だし。
そして、Kさん宅前の側溝。
糠塚沢に移動して、Sさんの田んぼの側溝を説明しました。

10時30分
ボランティアセンターのスタッフと、次は米崎町館のOさん宅です。
依頼のあった、駐車場の細かい瓦礫撤去を依頼しました。
Oさん、車はありますが見あたりません。奥さんと打ち合わせです。
ここで、ボランティアセンタースタッフと別れます。
明日からボランティアを派遣してくれるとのことです。
災害ボランティアセンターに依頼した段階で、私の仕事は終わったという感じになります。
次の現場を探さなきゃ。

11時10分
伊東文具さんに行きます。
東京で行われるイベントで販売するための復興グッズを購入しました。
タオルとステッカーです。

11時40分
鈴木旅館に戻ります。
東京で行われるイベント用に仕入れたグッズを箱詰めしていきます。
鈴木旅館さんから段ボール箱を調達します。

12時00分
昼食。出前一丁です。毎日食べると飽きてきます。
サッポロ一番とか、チャルメラとか、混ぜて売っているとありがたいのですが。

13時10分
鈴木旅館倉庫に、発電機と電動薪割り機を置かせていただきます。
ちゃんと動きました。

13時30分
高田病院に行きます。
毎月の定期診断です。
残念ながら男先生でした。しかも、血圧も安定しているからと、薬も2ヶ月分出してくれるとのこと。次の診断は2ヶ月後。

15時00分
再び、K鉄工に行きましたが、やはり留守です。
明日早朝に行ってみます。

15時30分
下矢作のヒマワリ畑です。
九州チーム(?)草刈りをしていました。まだ、バックホーは使っていないようです。

15時40分
風邪気味ですので、早めに戻ってきました。
ブログ更新です。

現地報告 9月27日

9月27日

今日は盛岡に行きました。
晴天ですし、ドライブ日和です。
風邪もだいぶ良くなったのか、血圧も下がってきました。
盛岡から陸前高田まで、3月17日から約1週間、毎日凍結した道を通っていました。
しかし、道や風景の記憶にないです。

7時30分
米崎町糠塚沢のKさん宅に行きます。
田んぼの瓦礫撤去についてです。
仮設住宅に住んでいるKさんの弟さんが、たまたま来ていました。田んぼの持ち主です。
草を刈って、一人で瓦礫撤去をしています。
何故か、Kさんの田んぼだけ瓦礫撤去をしていませんでした。
ようやく身内の遺体が発見されて、葬式などで慌ただしくて、災害ボランティアセンターにも行けなかったようです。
私の訪問を喜んでいました。

8時10分
盛岡に向かって出発です。
「被災児童の支援団体・機関連絡交流会」に参加します。
せっかくの盛岡行きですから、古書店に行きたいです。

10時50分
ということで、紫波町にある「イーハトーブ本の森」に行きました。
この古書店は、引っ越ししてきたばかりだそうですが、ものすごい本の数(20万冊?)ですし、図書館みたいな雰囲気で、とても面白いです。
店の方も親切ですし、古書好きの方はたまらないのではないでしょうか。
しかし、気仙語大辞典は無かったです。また、陸前高田や気仙地区に関しての書籍も見つけられなかったです。
蝦夷とアテルイの本を2冊購入です。

14時00分
今日の交流会会場の目の前に古書店を発見。
ここでもしばし物色しました。購入無し。

14時30分
被災児童の支援団体・機関連絡交流会の会場です。
岩手県保健福祉部児童家庭課総括課長さんの挨拶の後、岩手県の取り組み、現状について説明がありました。
次に、支援団体からの活動報告です。
日本ユニセフ協会、日本プレイセラピー協会、HANDS、国境なき子どもたち、セーブ・ザ・チルドレン、国際開発救援財団、いわて子育てネット、あしなが育英会、岩手県教育委員会の各団体から報告がありました。
その後、意見交換会。
内容については、詳しく報告しませんが、子ども関係の支援の特徴は、国際援助NGOが数多く入っていることです。
日本ユニセフ協会が言っていましたが、ユニセフが日本国内で支援活動をするのは、第2次世界大戦後以後、約50年ぶりだそうです。
また、他の国際援助NGOも、国内活動は初めてという団体がほとんどでした。
セーブ・ザ・チルドレンだけは、子どもの権利という点で日本国内で活動を行っているそうです。
恐らく今後、日本国内での大規模災害において、子ども支援ということでは、国際援助NGOが東日本大災害でのノウハウを持って活躍するのではないでしょうか。
瓦礫撤去でも、NICE、難民支援協会などの国際援助NGOが参加しています。
お金も持っていますし、災害時の支援勢力図が変化しますね。
災害時における、各分野の専門団体が複数あり、ネットワークをつないでいくことに繋がっていくのではないでしょうか。

20時30分
鈴木旅館に戻ります。
とてもとても疲れました。
今日は、九州チーム塩害対策チームが到着し、下矢作コミュニティセンターで意見交換会ということですが、勘弁してもらいました。
ブログ更新です。

現地報告 9月26日

9月26日

風邪です。
よく寝ましたので、調子は悪くないのですが、熱っぽい感じがします。
しかし、昨日は休みましたので、今日は動きます。

8時30分
岩手県児童家庭課に電話。
明日、盛岡市で開催される「被災児童の支援団体・機関連携交流会」への参加申し込みです。締め切りはとっくに過ぎていましたがOKでした。
盛岡の行くので、少しわくわくします。
ぜひ、行ったついでに、古書店を回りたいです。

9時10分
米崎町糠塚沢のM会長さん宅に行きます。
田んぼの瓦礫に関する相談です。しかし、田んぼの持ち主が特定できません。
気になる田んぼの横のお宅に伺います。
残念留守です。

9時40分
あすなろホームに行きます。
あすなろホーム製造の、復興クッキーを購入します。
東京でのイベント用です。

10時00分
神田葡萄園に行きます。
久しぶりです。
マスカットサイダーを2ケース購入しました。
東京でのイベント用と、我が家に送ろうと思っています。
神田葡萄園に設置したゴーヤ、まだ実ができています。
また、赤く熟した実からは、種を取り出していると言っていました。
来年はぜひ種から育てて欲しいですし、今年は緑のカーテン設置が遅かったですので、早めに取り組みましょう。
神田葡萄園は妙に居心地が良いお店です。

10時20分
伊東文具さんです。
これまた久しぶりな感じです。
復興支援グッズを購入です。これまた東京でのイベント用です。

10時50分
陸前高田市災害ボランティアセンターに行きます。
支援PのMさんと久々に会いました。
しばし情報交換。
米崎町糠塚沢と地竹沢のボランティア依頼をします。
明後日に、現場で打ち合わせということでお願いしました。

11時10分
産直ふれあい市場に行きます。
仕入れたリンゴの支払いです。
台風によるリンゴの影響を聞きました。
多くの組合員リンゴ園が被害を受けたようです。
落果リンゴに関しては、農協が引き受けて、リンゴ酢製造に回すとのこと。
また、保険に入っているので、それで対応できるとのこと。ただ、全員がそうではないので、被害をまともに受けた農家もあるのでしょう。

11時30分
米崎町高畑のOさん宅に行きます。
ここも、仕入れたリンゴの支払いです。
同じく台風によるリンゴ被害を聞きました。
過去にないほどの被害だったそうです。台風被害の前に福井に出荷できたので、その分は非常にありがたいといっています。
リンゴ栽培は、全く採算に合わないそうです。 陸前高田は小規模農家が多いですし、サビ被害が発生することもあります。
収穫期でも、人を雇用する農家は無いとのことですし、農協に出荷しても、かなり安いようです。果樹農家、特に小規模産地は非常に厳しいです。

12時20分
鈴木旅館に戻ります。
昼食です。出前一丁。無性に食べたくなります。

13時20分
下矢作のヒマワリ畑に行きます。
今日からボランティアが入って、種の収穫作業をしています。
30人ほどのボランティアが刈り取っていました。
収穫したヒマワリは、とりあえず森林組合の建物に保管します。
私もカローラに積み込み、森林組合まで搬送しました。

ヒマワリ刈り取り作業をするボランティアの皆さん。

刈り取ったヒマワリ。

14時30分
高田町法量に行きます。
側溝の作業終了の確認に行き、B区長に報告するためですが、留守でした。
米崎町館のOさんと偶然に出会いました。
しばし、話をします。
自宅下の駐車場の細かい瓦礫を撤去したいという話です。
Oさん宅には、遠野まごころネットさんやチーム福井が入っていました。また、自治労連さんも入っていただいたことがあります。
しかし、現時点では、どの団体も駄目です。
災害ボランティアセンターから派遣してもらうことを約束しました。

15時00分
下矢作ヒマワリ畑に戻ります。
M会長、議員のS事務局長さんと、報道ステーションの皆さんが打ち合わせをしていました。
私も割り込み参加。
報道ステーションでは、来年の米作りまで続けて取材をしていくそうです。

15時30分
鈴木旅館に戻ります。
東京から速達便が来るはずですが、来ていません。
鈴木旅館さんの茶の間でしばしお茶っ子タイムです。
速達便、結局来ませんでした。明日来るのでは速達ではないですね。

16時00分
陸前高田市災害ボランティアセンターに行きます。
米崎町館のOさん宅のボランティア依頼です。
現場打ち合わせは、明後日にします。
帰ろうとする、突然、広田町のSさんが走って呼び止めます。
いろいろと事情があって、大船渡市の合同庁舎まで連れて行って欲しいという依頼です。
了解しました。

16時30分
大船渡市の合同庁舎です。
災害従事車両証明書を取りに来ました。
確かに、ハードルが低いと不正に通行する車が多いのでしょうが、現在の制度は使いにくい部分もあります。
合同庁舎(大船渡市か一関市)に、ボランティア活動した当日に証明書を取りに行くというのは、なかなか辛いものがありますし、土日なら特にそうです。
また、証明書発行に30分近い時間がかかります。これも短縮できないのでしょうか。

18時00分
鈴木旅館に戻りました。
ブログ更新です。