現地報告 8月31日

8月31日

8月もお終いです。
本当に夏の終わりという感じで、寂しくなってきます。
秋は嫌いではないですが、月日の変わるのが早すぎます。
足は大丈夫です。若干腫れていますが、歩けます。
心配していただきメール等いただきました。ありがとうございます。

5時30分
東京社会福祉士会の皆さんが帰路につきます。
見送りです。
昨晩の情報を提供します。
陸前高田市社協の体制が変わるようです。
岩手県社協から常勤で出向者になるようで、最初から親しく関わっていただいた、Hさんが出向し、陸前高田市社協の責任者ということみたいです。
昨晩、鈴木旅館のお風呂で一緒になりました。
鈴木旅館は、自治労連さんが撤退した後、社協の皆さんが常宿としていくみたいです。
賑やかなのは良いです。ありがたいです。
東京社会福祉士会の皆さんが帰っていきました。

7時30分
朝食後に、東海新報を読みます。
先週ぐらいから、東海新報を定期購読しています。気仙地区(陸前高田、大船渡、住田)の情報満載のローカル紙です。
6面で、月2000円。テレビ欄も付いてます。
このような地域限定ローカル紙がある地域は、それなりに市民意識が高い地域だと思っています。新潟や長野なども多いですね。福井県内は皆無です。
明治の自由民権運動時には、全国各地で民衆の手で地域新聞が発行されていたのでしょうが。
陸前高田市の県議選や市議選の候補者が掲載され、選挙情勢が報道されています。
5ヶ月もいると、何人かの候補者は顔見知りですし、お酒を飲んだ方もいます。
市議会選挙は、無投票になるようです。選挙の雰囲気でもないですし。

8時00分
越前焼配布会の手伝いです。
軽ワゴン車に越前焼を積み込んでいきます。
鈴木旅館の車庫に越前焼が置いてあるのですが、ほとんど無くなりました。
今日回れば、ほぼ配り尽くすのではということです。
台風が近づいてきていますので、今日あたりに終了できるのはベストですね。
しかし、服部さん、疲れたのではないでしょうか。
全く疲れていないとの返事。焼き物はこんなものではない、とのこと、服部さん強いです。

8時30分
高田町法量にに設置された、仮設トイレを見に行きます。
仮設トイレが固定されていません。
大丈夫かもわかりませんが、台風が近づいていますし、仮設トイレを固定させる必要があります。

9時00分
越前焼配布会の手伝いに、下矢作教職員住宅跡地に行きます。
しかし、すでに服部さんは到着し、並べ終わっています。
仮設住宅の皆さんに手伝っていただいたとのことです。
ありがたいです。また、足の悪い私は役に立たないですので、今日は別行動します。

9時40分
住田町世田米のコメリに行きます。
仮設トイレを固定させるための、杭、ロープを購入します。

10時00分
同じく世田米の岩手銀行に行きます。
岩手銀行に口座を作ります。
福井銀行のカードでは、いちいち手数料を取られますし、セブン銀行は、気仙沼市か一関まで出かけなければ駄目です。
岩手銀行は、陸前高田市内に2つもATMができています。

11時00分
高田町法量の仮設トイレです。
杭を打ち込み、仮設トイレを固定させていきます。
しかし、残念ながら、ロープの結び方がわかりません。
ネットでロープの結び方を検索します。なるほど、しかし、なかなかテキパキとは結べませんが。何とか固定しました。

トイレ設置しましたよ。遠野まごころネットさん、よろしくお願いします。

11時50分
伊東文具さんです。
注文しておいた、保存版写真集、「未来に伝えたい陸前高田」を購入です。
この写真集は、震災前と震災後が比較してわかるようになっています。
私は陸前高田での活動が長く、陸前高田の人間のような顔をして生活していますが、震災前の景観は全く知りません。
この写真集は、各町の状況もわかり、とても良いです。
また、復興支援のぼり、復興支援手ぬぐいを購入しました。
手ぬぐいは始めてみました。次々と復興支援グッズが出てきます。購入が追いつかないです。

12時10分
鈴木旅館に戻ります。
昼食です。
伊東文具さんで購入した写真集を福井に送る準備です。
民主党福井県連が希望していました。

13時40分
産直ふれあい市場です。
陸前高田復興支援帽子の支払いに行きました。
しかし、復興支援グッズは、支援のための義援金としては役に立っているのでしょうが、販売している地元商店の利幅が少なすぎるように感じるのですが。
今回もリンゴを購入です。
「さんさ」と「つがる」を購入です。
さんさは、酸味があるそうです。しかし、あまりできが良くなく、サビが入っています。
しかし、毎回くる度に、違った種類のリンゴが出ています。

14時20分
大船渡市のクロネコヤマトです。
民主党福井県連に、写真集を送りました。
ぜひとも追加注文をお願いします。

15時00分
鈴木旅館に戻ります。
鈴木旅館さんの茶の間でコーヒーをいただきます。
写真集を見ながら、しばしお話。
服部さんと遭遇。 写真集を一冊プレゼントです。
私は、パソコンの設定の続きです。ほったらかしにしていました。
プリンターにもまだ接続していません。頑張ります。
そのあとはブログ更新です。

現地報告 8月30日

8月30日

朝、バランスを崩してしまい、こけてしまいました。
左足の甲をひねってしまいました。捻挫かな?
とても痛いです。骨折はしていないと思うのですが、明日まで様子を見ます。

6時30分
東京社会福祉士会の皆さんが到着したので迎えに行きました。
サンビレッジです。
今日は、今後の継続的な支援についての打ち合わせと挨拶に来ました。
途中、陸前高田市内を周り、鈴木旅館に向かいます。

7時20分
鈴木旅館到着です。
東京社会福祉士会の皆さんも、今夜は鈴木旅館に宿泊です。
簡単に打ち合わせをします。

7時50分
服部さんと越前焼配布会の準備のために、玄関に出た瞬間、こけました。
左足をひねってします。年をとってくると体のバランスがとれなくなってきますね。
服部さんは、私の腰痛を心配してくれています。現時点では、腰も足も問題なしです。

9時00分
作業所キラリに行きます。
ここで、Oさんと、東京社会福祉士会の皆さん、そして私で打ち合わせです。
東京社会福祉士会として、継続的に陸前高田で支援活動をしていくのですが、Oさんの法人と連携して活動していく計画です。
Oさんは、多方面の支援活動等に巻き込まれていて、とても多忙です。陸前高田の福祉業界の中心人物です。

9時50分
私は、大隅仮設住宅に移動です。
越前焼配布会の助手です。
車から越前焼を降ろして並べていきます。
この大隅仮設住宅には、親しくしているNさんがいます。
私は途中、遠野まごころネットさんとの側溝の打ち合わせのために抜けます。

大隅仮設住宅です。ここが最後にできた仮設住宅の一つです。8月に引き渡しされたばかりです。

10時20分
高田町法量です。
遠野まごころネットさんと待ち合わせです。
現場監督のKさん登場です。Kさんは8月上旬で一旦帰り、再度、今日から陸前高田入りしたそうです。 髭をそり落としていました。
側溝の打ち合わせです。
現在でも土日は、150人位が入ってきているそうで、やはり仮設トイレの設置が必要になってきます。困りました。
以前は、避難所の仮設トイレをお借りしたのですが、すでに避難所は閉鎖されていますので、仮設トイレを独自に設置することが必要になってきています。
前区長のNさんが近くにいましたので、相談です。現区長のBさんに連絡を取っていただき、仮設トイレの設置を災害対策本部に依頼していただくことにしました。
よろしくお願いします。

11時00分
大隅仮設住宅に戻ります。
ほぼ、越前焼配布会も終了していました。
しばし話をした後、片付けです。皆さんに手伝っていただきました。
だんだんと、ひねった足が痛くなっています。

13時00分
鈴木旅館です。
午後は、動かない方が良いのかと判断、しばし休憩です。
服部さんごめんなさい。午後はサボります。

14時10分
米崎小学校仮設住宅です。
スロープを貸し出ししていたKさん宅です。
ようやく仮設住宅にスロープが設置されたとのことで、貸し出ししていた簡易スロープを引き取りに行きました。

米崎小学校仮設住宅で設置されたスロープです。

14時20分
買い物に行きます。
大船渡のケーズデンキです。
買い物を済ませて再び戻ります。
途中、東京社会福祉士会のKさんから電話。
鈴木旅館に戻った後、夜の買い出しです。

16時00分
陸前高田のmaiyaで買い物です。
店内で、越前焼配布会で知り合った方に遭遇です。話しかけてきました。
感謝されます。

16時30分
普門寺のサルスベリの花を見物。
普門寺にあった遺骨が最近家内と判明し戻ってきた、という話を思い出しました。 今日、仮設住宅で聞いた話です。

17時30分
東京社会福祉士会の皆さんと懇親会です。
様々な話を伺いました。福祉の世界も大変です。
足の調子も良くなってきた感じです。

現地報告 8月29日

8月29日

今日も暑かったです。
私は、高田病院に行き、ほぼ半休状態でした。
しかし、病院は待っているだけで疲れますが。
腰の調子も良かったのですが、ここ数日は越前焼のコンテナを上げ下ろししているせいか、再び腰が痛くなっています。あと、脇腹と。

7時30分
報道ステーションの皆さん、鈴木旅館に拠点を移しています。
昨夜電話をいただいていたのですが、私は寝ていました。
朝から訪ねていきます。
「何故、福井県は恐竜なのか?」といった質問でした。
福井県が世界に誇れるのは、現時点では恐竜です。もっと福井県は恐竜をアピールすべき、という話をしました。
福井県=恐竜、といった認識を持っている方はほとんどいないですね。福井でも少ないです。残念です。

8時00分
今日も越前焼服部さんの助手です。
鈴木旅館倉庫にて、越前焼を積み込みます。
今日は、西風道仮設住宅(聞いたのですが、何て読むのか忘れてしまいました)、高畑仮設住宅、上壺仮設住宅だそうです。よく探して来ます。

9時00分
西風道仮設住宅です。
ここの仮設住宅には、あすなろホーム職員のOさんがいました。ビックリです。
この仮設住宅は8月に完成し、引き渡されたそうです。
最近引き渡された仮設住宅の特徴は、殺風景なことです。
家の周辺に、花や野菜のプランターが全くないです。
責任者の方が、大隅の仮設住宅を紹介してくれました。服部さんが打ち合わせに行く予定です。大隅仮設はNさんがいるところです。

西風道仮設住宅です。

10時00分
次の高畑仮設住宅での配布会は11時からです。
時間がありますので買い物と、次の作業場所の調査に行きます。

10時10分
ガソリンスタンドに行きました。
近くの米崎町の頑張ろうスタンドに行きました。

10時20分
産直ふれあい市場です。
リンゴを買いに来ました。
青リンゴの「きおう」と、恐らく「つがる」を購入です。梨も出始めています。
良い季節です。
陸前高田市農政課の職員と出会いました。
田んぼで重機が入った後の瓦礫や、水路の瓦礫に関して、今後の進め方の確認をします。
また、ボランティアでどこまで入れるのかの確認です。
細かい瓦礫に関しては、農家自らがやっていくようですが、ぜひとも協力していきたいです。

途中で、米崎町館のOさん宅の横を通りました。ようやく解体の準備に入りました。
解体後にも手伝って欲しいと言っています。

10時30分
高田町法量の田んぼです。
自治労連さんにお願いした側溝を確認、まだ残っています。
田んぼの水路の場所を確認します。50メートルぐらいでしょうか。
Nさん宅横の農道の瓦礫撤去も必要です。
また、道路横の側溝がまだ手つかずの状態になっています。ここは、200メートルぐらいでしょうか。まだしばらくは人手がいります。

11時00分
高畑仮設住宅に到着です。
服部さんはまだ来ていません。待ちます。
到着後、越前焼を降ろし、配布会の開始です。
結構、焼き物好きの方がいます。復興街作りイベントで販売していた越前焼も購入したという方がいました。

高畑仮設住宅です。

11時40分
高畑仮設住宅での配布会終了後、私は鈴木旅館に戻ります。
午後は、お休みさせていただき、高田病院に行ってきます。

13時00分
県立高田病院です。
午後は、13時受け付け開始で、13時半から診察開始です。
今日は、月曜日なのか、かなりの人が待っています。
テレビでは民主党の代表選挙を中継です。

15時00分
ようやく名前を呼ばれました。
診察です。今日は、前とは別の若い女性医師です。
またまた緊張しました。
常勤の方ではなく、応援医師のようで、どうも金沢大からの応援のようです。
ぐっと親しみが出てきました。次の診察にはいないでしょうが。

15時40分
初めてmaiyaに行きました。
本当に普通のスーパーです。普通に買い物といった感じで良いですね。

16時10分
鈴木旅館に戻ります。
ブログ更新です。
スロープが設置していない仮設住宅に、スロープを貸し出ししていたのですが、今日、ようやく設置されたとの電話が入りました。2ヶ月待ちでしたが良かったです。

8月28日

8月28日

暑い一日になりました。
今日も仮設住宅周りと復興街作りイベント会場の行ったり来たりです。

7時10分
下矢作のMさん宅です。
昨日、ゴーヤ料理講習会にて、ゴーヤの佃煮をいただいたのですが、その佃煮をMさん宅に届けました。
Mさんは、ゴーヤ取り付けの後の追肥を届けるのに協力していただきました。
各仮設住宅でゴーヤが実っているのも、Mさんと、東京のIさんのおかげです。

8時00分
鈴木旅館車庫です。
今日の越前焼配布会の準備です。
軽ワゴン車に積み込んでいきます。
今日は、和野仮設住宅、和方仮設住宅、堂の前仮設住宅を回る予定とのことです。

8時40分
和野仮設住宅です。
この仮設住宅は、リンゴ畑の農道に面して立っているのですが、近くに2カ所の仮設住宅があります。
本当に土地が無いことが実感としてわかる場所です。
また、斜面農地を造成したために、雨の時にはかなりの水が流れるようです。
仮設住宅の建て方も変です。私にはよくわからないですね。
配布会の開始です。
この仮設住宅も新しくて小さいです。そうした仮設住宅の共通点は、殺風景な雰囲気です。
花や野菜などがあまり無いということです。
避難所と同じで、大きな仮設住宅には支援が入っていますが、小さくて新しい仮設住宅には、誰も来ないという現象です。
「自立」といった観点からは、支援が入らない方が良いのかもわかりませんが、避難所と同じく、「見捨てられた」意識を持っています。
越前焼配布会と併せて、園芸用土の希望を聞きます。
皆さん希望します。田舎にいながら土が自由に手に入らないです。
仮設住宅支援に関しては、どこまでと言うこともありますが、今後も話を持って行きたいです。
大きな仮設住宅では、引きこもりが、かなり見られるとのことですし、自殺の話も聞きます。

和野仮設住宅です。右に向かって土地が低くなっています。しかし、右の方の住宅の方が、建物が低くなっています。大雨が降ると家の中に水が入ってくるのではないでしょうか。
素人ながら心配な作りになっています。

9時10分
越前焼の入ったコンテナを並べた後、私は復興街作りイベントに向かいます。

9時30分
復興街作りイベントの会場です。
すでにチーム福井のブースは準備完了です。
昨日に完売に近い状態でしたので、今日はゆったりモードです。
松阪市の副市長に会います。市長を紹介していただきました。
さすが青年市長会です。すごく若い市長です。ひげも伸ばしていますし。
チーム福井のブースは任せて、再び仮設住宅に戻ります。

チーム福井のブース。ありがとうございます。

10時00分
和野仮設住宅に戻りました。
配布会も落ち着いています。
小さな仮設住宅は、ほのぼのムードで本当に良いです。
服部さんも、完全に溶け込んでいます。

和野仮設住宅の皆さんに溶け込む服部さんです。

10時40分
和方仮設住宅です。
ここでは、越前焼をおろした後、私は、再び復興街作りイベントの会場に向かいます。
以前のブログで、町裏仮設住宅が9軒で一番少数の仮設住宅と書き込みましたが、嘘でした。服部さんに指摘されました。
この和方仮設住宅は8件です。長部保育所隣接地仮設住宅は7軒だそうです。
認識を新たにしました。

11時10分
復興街作りイベントの会場です。
チーム福井のブースに行きます。
全て完売です。良かったです。
チーム福井のお世話になった、という方が、買っていってくださったようです。
チーム福井も、今回のボランティアバスで終了ですが、最後がこの復興イベントということもストーリーを感じてしまいます。
今回のイベントに参加できたことは、良かったと思いました。
高田松原松で作成している仏像にノミを入れるイベントを行っています。
私も協力してきました。
しかしながら、すごい人出です。ゆっくりと昼食もできるような状態ではないですので退散します。

このような仏像ができます。

13時00分
堂の前仮設住宅に行きます。
ここでは、2時から越前焼の配布会を行います。
私は、一足先に来て、Kさんに会いに来ました。
自然農法で米作りをしている方です。お母さんにも会いたかったですし。
堂の前仮設住宅に来てビックリです。
伊勢原森林里山研究会の皆さんが、お盆中に作成したベンチやプランターが置いてあります。この仮設住宅とつながったんですね。
Kさん宅に上がり込み、いろいろと話をします。
しかし、話の内容よりも、各仮設住宅の違いの方が気になります。
この仮設住宅は最後にできたのですが、今までの反省を含めて一番使い勝手が良い仮設かというと 、どうなのでしょう。

伊勢原の皆さんが提供したベンチ。プランターもありました。
新しい仮設住宅で、支援が入っていませんので、喜ばれています。ありがとうございます。

14時00分
服部さん登場です。
越前焼を並べて、配布会の開始です。
しばらくして後、私は、三度復興街作りイベントの会場に向かいます。
全て完売していますので、空コンテナ等の回収に向かいます。

堂の前仮設住宅での越前焼配布会です。

15時00分
復興街作りイベントの会場です。
空のコンテナや、コンパネ等を搬出しました。
積んで帰ります。
このイベントを切っ掛けに、何かが起こって欲しいです。
単に2日間のイベントではなく、継続的なことにつながることを期待します。

15時30分
鈴木旅館に戻ります。
チーム福井も今回でボランティアバスが終了です。
鈴木旅館の自治労連も、8月いっぱいで終了です。
私は、高田町の側溝をかかえています。昨日、ゴーヤ料理講習会の時に、新自治会長のBさんと約束してきました。
困ったときのまごころネットです。
来週早々に打ち合わせをします。それまでは私が側溝頑張ります。

現地報告 8月27日

8月27日

寒い朝でした。布団を出そうかと思うほどです。
しかし、日中は良い天気。久しぶりに暑くなりました。湿度も高くなく、快適な一日になりました。

7時10分
今日、明日と、復興街作りイベントが開催されます。
そのために、けせん朝市は中止、各お店が復興イベントに出店しています。
私も、その準備です。
梅干し、ラッキョウ、梅ジュースの販売をします。届けに来ました。
すでに、各ブースには荷物が搬入され始めています。

7時30分
普門寺に行きます。
チーム福井の東角さん、佐々本さんと打ち合わせです。
今日の街作りイベントでの販売です。
サルスベリの花が満開です。

8時20分
鈴木旅館に戻ります。
次は、復興街作りイベントに、越前焼を搬入する準備です。
時間がありますので、しばし、休憩です。

9時00分
復興街作りイベントで販売する越前焼を軽ワゴン車に積み込んでいきます。

9時20分
復興街作りイベントの会場です。
服部さんの車を誘導し、会場に入っていきます。
すでにチーム福井の皆さんが福井県ブースの準備をしていました。
私は、朝方届けた、梅干し等の価格を指示します。
今回のイベントは、全て会場内だけの地域通貨で決済されますので、それに併せて、全ての商品を100円単位で値付けしていきます。
越前焼に関しては格安の値付けだと思います。
服部さんから指示です。鈴木旅館にコンパネを取りに戻ります。
とてもとても使われています。

復興街作りイベント。越前焼を並べます。

10時10分
鈴木旅館に戻り、コンパネを積み込み、再び会場に戻ってきました。
コンパネを台にして、越前焼を並べていきます。
私は、会場内を回ります。
いつもの、けせん朝市の各店がブースを構えています。
いわ井さん、河端商店さん、橋勝商店さん、あすなろホーム、COCOROさん、ふれあい市場等々、挨拶をします。
陸前高田の地元商店が70店舗、陸前高田以外の自治体等のブースが30店舗、ということで、100の店舗が並んだ商店街の再現という位置づけです。
すでに賑やかになってきています。
かなり暑くなってきましたので、11時開催を繰り上げて、10時30分には来場者を入場させていくようです。

11時20分
小泉公民館に行きます。
今日は、福井から土の会の皆さんが来ています。
小泉公民館で、ゴーヤの料理講習会を開催しています。
土の会の皆さんは、料理講習会会場とは別に、6月に設置したゴーヤを見に行っているようです。
約20人の皆さんが講習会に参加しています。

Nさんが収穫したゴーヤです。

小泉公民館でのゴーヤ料理講習会です。

12時00分
ゴーヤの料理ができました。
会食です。
料理内容は次の通り。
ゴーヤチャンプルー(定番です)
ゴーヤのおひたし(とても美味しいです)
ゴーヤの佃煮(お酒に合いますね)
ゴーヤのスープ(美味しいです)
ゴーヤジュース(バナナジュースにゴーヤ入り)
ゴーヤジャムクラッカー(美味しいです)
小泉地区の皆さんと一緒に食べるゴーヤはとても美味しかったです。
土の会の皆さん、ありがとうございました。
今回は、土の会のメンバーとして、福井市議会議員の野嶋氏が来ました。懐かしいですし、しばし情報交換しました。

ゴーヤ料理の数々。とても美味しかったです。小泉地区の皆さんありがとうございました。

13時15分
鈴木旅館です。
越前焼配布会を矢の浦仮設住宅で行います。
そのための積み込みを行います。

14時30分
矢の浦仮設住宅です。
服部さん現れません。どうしたのでしょう。
道に迷ったのことです。
待っている間に、仮設住宅の方から、梨とスイカをいただいてしまいました。
配布会開始です。
終了後に仮設住宅の方と話をします。
牡蠣養殖と、ワカメに関してはスタートしたとのことです。矢の浦ではホタテの養殖も行っていたそうですが、お金がかかるためにできないとのことです。
矢の浦仮設住宅には、スロープが設置されていました。仮設住宅では始めてみました。
6月に希望したものの、8月以降に設置されたとのことです。う~む。

矢の浦仮設住宅です。ここは、公民館の敷地に立っています。これは良いです。

矢の浦仮設住宅に設置されているスロープです。角度のことや、手すり形状など、問題ありですね。

15時30分
復興街作りイベントの会場に行きます。
かなりの人手です。販売も順調そうです。越前焼もほぼ完売状態です。
いいですね。
陸前高田にこんなに人がいたんですね。市外からも来ているでしょうが、すごい人です。

本当に賑わっています。ワタミ社長と握手してしまいました。

16時30分
広田町長洞仮設住宅です。
ここは、長洞元気村と名乗っている仮設住宅です。
面白いですし、前からブログで紹介しているとおり、長洞にはボランティアも入ってもらっていますので、関心がある地区です。
服部さんが来ません。
仮設住宅の方も、不安がっています。デマかなと思っていたと、しかし、スタッフ(私のこと)が来たので少し安心した、とのことです。
しばし待っても来ません。私も不安になってきました。
10分ほど遅れて、服部さん到着です。
やはり道に迷ったのことです。簡単な道なのですが・・・。難しいかな。
長洞仮設住宅は、長洞元気村と名乗っているぐらいですから、変な仮設住宅です。
雰囲気が違いますね。
服部さんも、よく探して来ています。

長洞元気村。看板が立っています。恐らく長洞仮設だけです。

17時50分
越前焼配布会終了です。
服部さんは、各会場でモテモテです。
片付けた後も話し込んでいます。
一人寂しく帰ります。

18時20分
鈴木旅館です。
まだ、孫が復興街作りイベントから帰ってこないとのこと。
これだけ大規模なイベントは、震災後初めてだったと思います。楽しいのでしょう。
私はビール飲んでしまいました。探しもいけずにブログ更新です。