自殺者数

平成22年の自殺関連の統計が経済社会総合研究所から発表されました。

地域における自殺の基礎資料(平成22年年次暫定値)

全国で31282人と13年連続で3万人を超える結果となりました。男性が21944人と約70%を占めています。

職業別では、自営業者が2710人、被雇用者が8478人、学生が920人、残りの18471人が無職者です。

年齢で見ると、20才未満が547人、20才代が3203人、30才代が4535人、40才代が5101人、50才代が5882人、60才代が5832人、70才代が3640人、80才以上が2388人です。

自殺場所は、半数以上が自宅で、他には乗り物、海・川、高層ビルというところが目立ちます。

下記の表は原因別でみたものです。

職業 総数 家庭
問題
健康
問題
経済
生活
問題
勤務
問題
男女
問題
学校問題 その
不詳
総数 31,282 4,051 13,997 6,111 2,265 1,063 324 1,465 7,957
自営業家族
従業者
2,710 318 880 1,259 143 49 0 96 569
被雇用者
勤め人
8,478 1,199 2,685 1,779 1,790 571 7 349 2,076
学生
生徒
920 97 245 76 5 74 289 57 249
主婦 2,325 457 1,535 129 11 21 1 60 495
失業者 1,950 197 589 1,015 89 70 0 85 468
その他無職者 14,196 1,755 8,000 1,752 211 262 27 787 3,606
不詳 703 28 63 101 16 16 0 31 494

県別では、やはり人口が多い東京がトップ、次に大阪、神奈川と続いています。福井県は177人で47位、最小は鳥取県でした。

市別にみると、横浜市がトップ、次が大阪市、名古屋市、札幌市と続きます。福井市は65人で95位でした。自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)で見ると、全国平均が25.8(男性37.8、女性14.3)。最も高い山梨は41.9、最も低い神奈川は20.5でした。

下の表は福井県の数値です。

自殺者数 平成21年の自殺者数 対前年差 自殺率 平成21年の自殺率
福井県 177 196 -19 21.87 24.12
福井市 62 65 -3 23.36 24.45
敦賀市 13 17 -4 19.14 25.03
小浜市 4 7 -3 12.66 22.06
大野市 11 10 1 29.64 26.68
勝山市 4 6 -2 15.27 22.69
鯖江市 20 15 5 29.53 22.13
あわら市 6 11 -5 19.72 35.74
越前市 16 21 -5 19.29 25.22
坂井市 18 20 -2 19.24 21.35
永平寺町 3 6 -3 15.23 30.27
池田町 2 0 2 60.61 0
南越前町 3 2 1 24.98 16.43
越前町 8 9 -1 33.11 36.99
美浜町 1 3 -2 9.27 27.48
高浜町 1 3 -2 8.92 26.53
おおい町 3 1 2 34.06 11.26
若狭町 2 0 2 12.08 0